• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最後に笑うのは「グリット」を持った人だ

グリット=努力・根性・忍耐・情熱を嗤うな(1)

2016年12月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私たちは、どのライバルよりも、いい仕事をしようと心に決めた。単にみんなで集まってアイデアを考えるだけでなく、スタッフたちは、ウェンディーズにお願いして、実際に店でボランティアとして働き、ハンバーガーやフレンチフライのウェンディーズ流調理法を体得した。そんなことをしたのは、私たちだけだった。

 企画の中身を充実させたのはもちろんだが、クライアントの心を動かすために、思いつく限りのあらゆることを試みた。

 たとえば、『ウェンディーズ、バーガーキングを抜いて、全米2位のファストフードレストランに!』という見出しが躍るダミーの新聞を制作し、「わが社を選んでくだされば、これが現実になります」と言って手渡したり、社員が寝袋持参で会社に泊まり込み、企画を練ったり、髪にカーラーを巻いたり、歯を磨いたりする姿をビデオで録画し、「こんなに一生懸命やっています!」とクライアントにアピールしたり。

 そうした甲斐あって、私たちは75社のライバルのなかから選ばれた。その最も大きな理由は、「君たちほど一生懸命やってくれる会社は、ほかにない」ということだった。

 ウェンディーズの広告宣伝の担当者は、私たちが、ダミーの新聞まで作ったことが信じられないようだった。そして実際に、それから2年もたたないうちに、ウェンディーズは、マクドナルドに次ぐ全米2位のファストフードレストランになったのだ。

 私たちは、飛び抜けて優秀だったわけでも才能があったわけでもない。どの代理店よりも必死にやった――それが成功の理由だ。つまり、これがグリットなのだ。

Guts、Resilience、Initiative、Tenacity

 そう気づいてから、いわゆる成功者と言われている人たちを調べてみると、いずれもグリットがカギであることがわかった。だが、世間の人々は、こうした事実に気づいていない。そこで、ロビンと私は、本を書いて、それをみんなに知ってもらわなければと考えた。

 グリットとは、次の4つの要素に分解できる。まず、困難なことに挑み、逆境にめげない「度胸(Guts)」。次に、挫折から立ち直る「復元力(Resilience)」。3つ目が、率先して事に当たる「自発性(Initiative)」。そして、何があっても目的に向かってやり抜く「執念(Tenacity)」だ(それぞれの頭文字を取るとGRITになる)。

コメント10件コメント/レビュー

★絶対不敗の秘訣は「勝つまで続けること」か、「勝てる勝負しかしない(負ける勝負はやらない)」のどちらかですからね。最近は後者の戦術をとるのが賢い、という風潮ですが、やはり前者の「やり抜く力」は大事だな、と思います。   ★「無駄な努力をしてもダメ」というコメントもありますが、「努力する」「やり抜く」というのは、何も同じことを繰り返せ、と言っているのではなく、Aが失敗したらB、Bが失敗したらCというように、様々なアプローチによる試行錯誤を重ねると言うことだと思います。   ★誰の言葉だったか、「1万回失敗したのではない。1万通りのうまくいかないやり方を見つけただけだ」という言葉がよく表していると思います。(2016/12/08 17:10)

「古くて新しい成功の必須要素「グリット」とは何か」のバックナンバー

一覧

「最後に笑うのは「グリット」を持った人だ」の著者

肥田 美佐子

肥田 美佐子(ひだ・みさこ)

ニューヨーク在住ジャーナリスト

「ニューズウィーク日本版」編集などを経て1997年、渡米。米広告代理店などに勤務後、独立。08年、ILOメディア賞受賞。米経済、大統領選など幅広く取材。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

★絶対不敗の秘訣は「勝つまで続けること」か、「勝てる勝負しかしない(負ける勝負はやらない)」のどちらかですからね。最近は後者の戦術をとるのが賢い、という風潮ですが、やはり前者の「やり抜く力」は大事だな、と思います。   ★「無駄な努力をしてもダメ」というコメントもありますが、「努力する」「やり抜く」というのは、何も同じことを繰り返せ、と言っているのではなく、Aが失敗したらB、Bが失敗したらCというように、様々なアプローチによる試行錯誤を重ねると言うことだと思います。   ★誰の言葉だったか、「1万回失敗したのではない。1万通りのうまくいかないやり方を見つけただけだ」という言葉がよく表していると思います。(2016/12/08 17:10)

こうやってまた搾取に都合の良い人間を作ろうとする。
努力といっても、無能な働き者を出しては駄目なんだよな。
間違った努力は却ってマイナスだ。
『最後に笑うのは「グリット」を持った人が多い』とまでは言えるが
表題の通りは印象のすり替えではない?
後は、勝つまでやる(努力?)から最後に笑うとか逆説的考えに、ゴール次第とも。
『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』のように、
勝者から秘訣を見つけるよりも敗者から敗因を知り、負けない様にする事の方が、
多くの人には有用であろう。
「努力」は負けない為の1要素でしかない。
意味があり今後に繋がる努力かどうかもしっかり自問自答しながら努力しないと。(2016/12/02 22:35)

IQに対するEQと言う概念が出てきたり、社員を家族扱いしたり、日本で当たり前のように行ってきたことが米国流のコンサルの皮を纏った新概念として伝わってくることが増えたように思います。ハリウッドがコンテンツ不足で日本他世界中のシナリオを買い漁っているように、あちらのコンサルも商売ですから新ネタの布教に忙しいのでしょう。

>日経ビジネスの読者は「グリット」に否定的ですね
ある程度の年齢以上の日本人ならば「努力と根性」「継続は力なり」は当たり前すぎて「今更何を言っているんだ」と思ったからでしょうね。

>頑張る力って才能だと思いますから、頑張れるだけで並の人間よりも優れてるんです
大いに同意します。頑張る前に「頑張る力」が先天的に欠けている場合、どうやってその力を付けるかが重要だと思います。頑張る人は放っておいても勝手に頑張りますからね。(2016/12/02 09:54)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授