• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

慰安婦問題を脇に置き日本は韓国と仲良くすべし

反日発言で支持率を稼ぐのは文在寅の自信のなさのあらわれ

2018年1月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月24日、安倍晋三首相は2月9日に開催される平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式に出席する意向を表明した。さらには文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談を行い、従軍慰安婦問題について交わした2015年末の日韓合意について日本の立場を明確に伝えたいと強調。その上で、北朝鮮への圧力を強化するために日米韓の連携を確認したいという。

安倍首相(左)は自民党議員などからの反発を覚悟の上で、平昌五輪開幕式に参加する意向を固めた(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

 日韓合意は、両国の間で慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認したものである。ところが文大統領は、1月10日の記者会見で「公式合意という事実は否定できないが、慰安婦問題は誤っており、解決せねばならない」と否定的な発言をした。

 それに対し日本のマスコミは、文大統領の発言を痛烈に批判した。国際間の合意を、大統領が交代したからといって反故にするなど、許される行為ではない。日本政府も非常に強く反発し、「日韓合意の内容を1ミリたりとも動かさない」と強調した。もちろん、安倍首相も再交渉については全面的に否定している。

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、「元慰安婦たちの名誉・尊厳の回復と心の傷の癒やしに向けた努力を継続することを期待する」と発言し、日本に対して自発的な謝罪を要求した。

 しかし、日本はすでに何度も謝罪している。1995年の「女性のためのアジア平和国民基金」設立の際に、村山富市首相が謝罪。翌年には、橋本龍太郎首相も謝罪発言をしている。

 韓国は、今さら何を言っているのか。文大統領も、かつて日本の首相が謝罪したことなど、重々承知しているはずだ。

 問題は、ここからである。日本のマスコミは、「文大統領の発言は、日韓関係を悪化させることになる」と主張した。

 僕は、これは大変な誤解であると思う。

 そもそも、なぜ文大統領はこんな発言をしたのか。一言で言えば、彼は非常に弱くて自信がないからだ。

 1998年10月、当時の韓国大統領である金大中(キム・デジュン)が訪日し、小渕恵三首相と会談した。その時韓国側は、過去の両国の関係を振り返った上で、新しい友好的な日韓関係を築こうと言ってきたのである。最終的には日本側も同意した。いわゆる日韓共同宣言である。

コメント142件コメント/レビュー

日経はこの記事を反面教師として晒しているのだと思うが、あえて乗ってみる。

そんなに韓国と仲良くなりたいなら、やり方を教えよう。
まず、韓国以外のアジア(ASEAN諸国)と親密になる。
韓国はガン無視。看過できない行為に対しては厳重抗議。
支援は韓国を通り越して別の国へ。

これをしばらく続ければ、向こうから態度を変えて擦り寄ってくるさ。
自己中だから、自分がハブられていることに気付くまでだいぶ時間がかかるかもしれないけどね。
この時に改めて仲良くすべきかどうか検討すれば良いのじゃないかな。
もちろん、蹴り飛ばしてやるという選択肢もある。

最近の日本外交を見てると、安部総理は実行しつつあるような気もするけど。(2018/01/30 15:46)

オススメ情報

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「慰安婦問題を脇に置き日本は韓国と仲良くすべし」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日経はこの記事を反面教師として晒しているのだと思うが、あえて乗ってみる。

そんなに韓国と仲良くなりたいなら、やり方を教えよう。
まず、韓国以外のアジア(ASEAN諸国)と親密になる。
韓国はガン無視。看過できない行為に対しては厳重抗議。
支援は韓国を通り越して別の国へ。

これをしばらく続ければ、向こうから態度を変えて擦り寄ってくるさ。
自己中だから、自分がハブられていることに気付くまでだいぶ時間がかかるかもしれないけどね。
この時に改めて仲良くすべきかどうか検討すれば良いのじゃないかな。
もちろん、蹴り飛ばしてやるという選択肢もある。

最近の日本外交を見てると、安部総理は実行しつつあるような気もするけど。(2018/01/30 15:46)

北朝鮮が「やっぱりお前と合同行事を行うのは嫌だ」と言い出しましたね。
これに対する韓国の反応「合意は守るべきだ」に笑ってしまいました。

相手や自分の利益(感情)によって、守るべき「合意」は選択できると思っているようです。
そのような国と仲良くやれると思いますか?

それにしても北は侮れませんね。
日本と韓国の間に楔を打つやり方が巧妙すぎます。(2018/01/30 14:56)

> 戦争を知らない世代が増えてくるにつれ、嫌韓・反日感情が再び強まってきた

違います。
日本に関しては彼らを良く知るに付け、次第に高まってきたのです。
つまり、韓国に対して正しい理解が進んてきただけです。

逆の韓国は当たり前でしょう。
一貫して反日愛国教育によって偽りの歴史を教え込んでいるのですから。

そもそも、氏が言うとおりムンが自信が無く、本心では日本と協力したいと言うのが本当だとしても、慰安婦像を全て撤去し、反日愛国教育をやめない限り、日本は共に歩んでいくことはできません。
今ですら「歴史を学び直せ!」と寝言を言う輩が増えてきているのが韓国であり、上記はそのような連中を継続して量産するためのツールでありアイテムなのですから。(2018/01/30 14:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長