• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自民の未来を占う「ビジョンなき都議選」

2017年6月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

小池百合子都知事が率いる都民ファーストが都議会第一党になるのか(写真=Sipa Press/amanaimages)

 7月2日投開票の東京都議会議員選挙が終盤を迎えている。焦点となるのは、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」と自民党、どちらが都議会第1党となるか。その1点だ。

 2013年6月の都議選では、自民党が圧倒的な勝利を収めた。ところが今回は都民ファーストと自民党の支持率が拮抗している。6月24、25日に日本経済新聞社と共同通信社など8社が実施した都議選世論調査では、投票先として「都民ファーストの会」と答えた人は26.7%、「自民党」は25.9%。読売新聞社の世論調査では、「都民ファーストの会」は26%、「自民党」は23%だった。

 小池氏が都知事になるまでは、東京都政はいわばブラックボックスだった。都民から見ると、何をやっているのかさっぱり分からなかったのだ。

 都知事に就任した小池氏は、不透明だった都政を透明化することに努めた。例えば、東京五輪などの都が関わる事業において、利益誘導がないかを徹底的にチェックした。築地市場の豊洲移転問題でも、できる限り情報を開示しようとした。これらは彼女の大きな功績だ。

 特に豊洲市場では、建物の下が盛り土されているはずだったが、実際は主要な建物で盛り土がなかったことが発覚し、大きな話題となった。

 小池氏によって、都民に嘘をつくような都議会の杜撰な行為が次々と明らかになったのだ。こうして都民の信頼を集めた小池氏の支持は、次第に強固なものとなっていった。

 一方、自民党は、都政の問題以上に、安倍内閣が通常国会を強引に幕引きしたことで国民の強い反発を招いた。与党は共謀罪法案について、中間報告という形で参議院法務委員会での採決を省き、本会議での強行採決に踏み切った。加計学園問題で国会が長引けば、支持率が大幅に落ちると考えたのだろう。

 逆に言えば、これが小池氏率いる都民ファーストの会にとっては追い風になった。

 さらには、こんな話もある。マイナスイメージの強い安倍首相は、都議選で姿を現すと逆効果になるから、応援の街頭演説もできないというのだ。ようやく26日に文京区内の小学校で演説をしたが、自民党候補からは、「安倍さんに応援に来てもらうと逆効果だ」といった声が上がっている。非常に奇異な都議選だと思う。

コメント23件コメント/レビュー

ネットの普及で産地直送もあたり前の時代、セリなんて廃れて行くはず。
築地も豊洲も残す、なんて言ってる馬鹿が都知事やってちゃ世も末。
食のテーマパークなんて発想がバブル期の感覚のまま、時代遅れの経済音痴。
墨田区押上にスカイツリーが出来ても、芝公園ブランドは維持する、などと東京タワーをありがたがるヤツはいない。
見事に小池に騙されてる田舎モンの都民。
ってか実家は地方にある無党派層だから田舎モンなんだけど。(2017/07/10 13:09)

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「自民の未来を占う「ビジョンなき都議選」」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ネットの普及で産地直送もあたり前の時代、セリなんて廃れて行くはず。
築地も豊洲も残す、なんて言ってる馬鹿が都知事やってちゃ世も末。
食のテーマパークなんて発想がバブル期の感覚のまま、時代遅れの経済音痴。
墨田区押上にスカイツリーが出来ても、芝公園ブランドは維持する、などと東京タワーをありがたがるヤツはいない。
見事に小池に騙されてる田舎モンの都民。
ってか実家は地方にある無党派層だから田舎モンなんだけど。(2017/07/10 13:09)

都議選における自民党惨敗の分析で、一都民である私の投票行動に合致している分析がマスコミから全く聞かれないことに驚いています。
私は「東京都からの内田一派の一掃」を望んだのであって、国政における自民党への不信任から都民ファーストに票を投じたわけではありません。国政選挙では今まで同様に自民党に投票するつもりです。
こんな考えの都民がまさか私一人しか居ない訳ではないと思うのですが。(2017/07/04 09:26)

相変わらず、根本的な部分がずれている気がしますね。政府や大企業の揚げ足取りにきゅうきゅうとして、それがジャーナリストの仕事だと勘違いしているんじゃないでしょうか?
そんな下衆根性が蔓延しているのが今の野党で、それを育ててきたのが既存の大手マスゴミですね。インターネット時代に、そんなもの通用しないと何時になったら気が付くんでしょうか?
今回の選挙結果はあくまで、民主党政権誕生時と同じ、自民への批判の結果でしかない。もっとも、国籍もその理念も他国にしか向いていない、国籍詐称人物が党首やっている、泡沫政党の躍進などありえないことです。その受け皿が都民ファーストだったというだけ。もっともその投票者たる都民とやらは、件の国籍詐称人物をトップ当選させちゃうんですから、痴れていますけどね。個人主義的な彼らは、単に流行りの報道に乗って投票しているだけでしょう。
ところで、今回やばいと思ったのが、公明党山口代表の演説。いつもながら見事としか言いようがない。いちいち筋が通っているうえに、聞き取りやすい話し方は尋常じゃありません。公明党を支持する気は全くないのだけれど。それでも公明党には自民と小池知事の間を取り持つ役目を期待してしまうのはダメなのかな?(2017/07/03 14:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員