• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国は北朝鮮にミサイルを打つか

2017年9月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国が武力行使する可能性はある

 もう一つ、よく分からないのは、中国の方針だ。実際のところ、中国は北朝鮮に対して圧力をかける気があるのか、あるいは、やれないのか。どちらなのか分からない。

 おそらく、中国は北朝鮮の核・ミサイル開発を防ぐつもりはないのだろう。制裁強化も本気でやろうとしていない。表向きには「圧力をかける」と言っても、裏側ではやめないだろう。

 米国は北朝鮮を核保有国として認める前に、武力行使をする可能性がある。マティス国防長官は、緊急招集した国家安全保障会議で、トランプ大統領に軍事オプションについて一つひとつ説明するよう求められたという。

 問題は、武力行使が決定的になった時に、日本がどのように対応するかということだ。先日の北朝鮮の核実験後、日米首脳電話会談では「2国間の断固たる相互防衛の約束」を確認したという。

 「相互防衛」とは集団的自衛権を指す。もし、米国が北朝鮮に武力行使するのであれば、米国は日本に集団的自衛権の行使を求めることになる。つまり、自衛隊が出動して、攻撃も行うということだ。

 それを約束したとなると、日本は応じなければならない。これは大変なことだ。日本が武力行使に参加すれば、中国やロシアはどうするのか。2国が「朋友」になりかねない。

 8月30日の産経新聞は、「『専守防衛』という抑制的な立場では十分な対応はとれない。そのことを国民に説明し、『積極防衛』への転換を宣言すべきだ」と主張している。つまり、集団的自衛権を行使するということだ。

 日本政府も安倍首相も、米国が集団的自衛権の行使を要求する可能性を認識している。しかし、米国の方針が定まらないから、対応に困っているのが実状だ。

 では、なぜ米国の方針がはっきりしないのか。トランプ政権は、北朝鮮の行動が読めないのではなく、中国に期待していた部分が大きいのではないかと思う。

コメント33件コメント/レビュー

「似た傾向のコラムがもう一つありますが、そちらも同じ終焉に向かうのかな。」と書かれた方へのコメントです。

残念ながらそのような事にはなりません。
NBOもビジネスでこの事業をやっています。
ですから炎上して批判的なコメントが多く寄せられればそれで結構な事となります。
NBOは慈善事業ではありません。
アクセス数さえ伸びれば中身はどうでも良いのです。
今後この様なコラムは益々増えて炎上ビジネスが繁盛する事態になるでしょう。
非常に残念なことですが、我々読者は賢くならないとイケナイ様です。(2017/09/14 01:35)

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「米国は北朝鮮にミサイルを打つか」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「似た傾向のコラムがもう一つありますが、そちらも同じ終焉に向かうのかな。」と書かれた方へのコメントです。

残念ながらそのような事にはなりません。
NBOもビジネスでこの事業をやっています。
ですから炎上して批判的なコメントが多く寄せられればそれで結構な事となります。
NBOは慈善事業ではありません。
アクセス数さえ伸びれば中身はどうでも良いのです。
今後この様なコラムは益々増えて炎上ビジネスが繁盛する事態になるでしょう。
非常に残念なことですが、我々読者は賢くならないとイケナイ様です。(2017/09/14 01:35)

シノドスの3/16号の記事では、「北朝鮮人の中国人に対する差別意識や、中国に対する警戒心が強い北朝鮮の事情から考えれば、北朝鮮と中国の関係は日本などで思い込んでいるような良好なものではない」とあります。

中国が北朝鮮を制御できると考えるのは、根拠の無い幻想なのではないでしょうか?トランプ政権が中国に責任を押し付けるのは、北朝鮮に対して本気で対峙するつもりの無いことの現れなのではないでしょうか?

トランプ政権が動かないなら、日本も核防衛に走るのは、論理的に自然な話ではないでしょうか?(2017/09/12 21:53)

 9月9日を過ぎてしまいました。国連の安保理決議も可決しました。増々、米国の軍事行動が先延ばしになります。北朝鮮が近々に核兵器搭載の大陸間弾道弾を完成させれば米国もうかつに軍事行動を起こせないので当分平和が続くでしょう。(2017/09/12 08:35)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授