• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

僕が安倍首相に提案した外交戦略の全貌

2017年9月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 僕は7月に首相官邸を訪問し、安倍首相と1時間20分に渡って会談した。その場で、「政治生命を賭けた冒険をしないか」と、ある戦略を提案した。口外しないと約束し、僕はこれまで沈黙を守ってきたが、今回はその全てをお伝えしようと思う。

8月に開かれた外務・防衛閣僚協議にはある伏線があった(写真=Mark Wilson/Getty Images)

 核実験を強行した北朝鮮に対し、国連の安全保障理事会は9月11日、新たな制裁決議を全会一致で採択した。当初は、米中露の思惑が異なることから可決は難しいのではないかと懸念されていたが、結局、米国が妥協に次ぐ妥協を重ねたことで成立に至った。

 米国は、恥をかくのを恐れたのだろう。もし、ここで中国とロシアが反対して制裁決議案が成立しなかったら、米国の敗北だ。トランプ大統領のメンツが丸潰れになる。

 最大の焦点は、北朝鮮への原油・石油製品の全面禁輸が盛り込まれるかどうかだった。原油の多くを供給しているのは中国だ。米国は当初、それを全て禁止するという厳しい決議案を出していた。

 最終的に可決されたのは、その原案よりも緩い内容だった。原油と石油製品の輸出は、過去1年間の実績を上限に設定された。つまり、現状維持である。

 北朝鮮労働者の国外での雇用についても、新規に限り禁止になった。既存の労働者は容認されるということであり、こちらも現状維持だ。結局、総じて現状維持の内容だったから、中国とロシアも賛成した。

 問題は、米国と中国、ロシアの北朝鮮に対する思惑が根本的に違うことにある。この思惑の違いを一致させるには、どうすればいいのか。

 米国が北朝鮮に求めているのは、核兵器開発の全面放棄だ。一方、中国とロシアは、せいぜい現状凍結だろう。第一、北朝鮮の核兵器の技術は、ロシアから相当流れていると言われている。

コメント94件コメント/レビュー

「対話が大切だ」と繰り返し説く田原翁に、対話の基本は”相手の話をよく聴くこと”だとお伝えしたいです。
田原翁は「朝生」で、相手の話を遮り、全く聞く耳を持ちませんが、そのような方から「北朝鮮との対話が大切だ」と何度説かれても、笑止千万です。
なお、田原翁の戯言も、炎上コメントも、そのまま掲載する日経社の懐の深さには正直感服しております。(2017/09/20 15:01)

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「僕が安倍首相に提案した外交戦略の全貌」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「対話が大切だ」と繰り返し説く田原翁に、対話の基本は”相手の話をよく聴くこと”だとお伝えしたいです。
田原翁は「朝生」で、相手の話を遮り、全く聞く耳を持ちませんが、そのような方から「北朝鮮との対話が大切だ」と何度説かれても、笑止千万です。
なお、田原翁の戯言も、炎上コメントも、そのまま掲載する日経社の懐の深さには正直感服しております。(2017/09/20 15:01)

まあ、実際にはあり得ないと信じてはいないが、首相への余計な口出しは控えてください。(2017/09/20 12:57)

口外したのは期限が過ぎたからでしょ?墓場まで持っていくような重要機密じゃない。田原さんのコラムはそれなりに分かりやすいので「そうだったんだ」と思った方もいたのではないでしょうか(2017/09/20 12:42)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長