• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

東アジアの緊張続く、中国の策にはまった日米韓

トランプ氏は大統領ではなくやっぱり経営者だ

2017年11月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

トランプ大統領の初のアジア歴訪は成功と言えるのか(写真:The New York Times/アフロ)

 トランプ大統領は11月14日、初のアジア歴訪を終えて帰途についた。とりわけ9日の米中首脳会談の内容は、日本のマスメディアの予想が大きく外れた展開となった。僕の予想も大外れだった。そのせいで、翌日の新聞各紙には批判的な見出しが並んでいた。

 朝日新聞は「巨額商談、かすむ『北朝鮮』」。東京新聞は「米中首脳会談 利害優先、違い封印」。毎日新聞は「理念失うトランプ外交」。読売新聞は「米中首脳会談『北』への危機感にズレがある」と報じている。

 トランプ氏は、日本、韓国を訪れた時は、「北朝鮮に対する圧力を最高限度まで強める」と強調していた。安倍晋三首相も、韓国の文在寅大統領も、それに対し「完全に一致した」と表明した。

 当然ながらトランプ氏は、最高限度まで圧力をかけるその先には、武力行使も視野に入れている。安倍首相は、それにも同意した。

 その中で、韓国で一つ理解し難いことがあった。文在寅氏とトランプ氏の7日の晩餐会で、元慰安婦の女性が招待されて、「独島エビ」を使った料理が出されたことだ。

 トランプ氏が、日韓米で完全に同一歩調で北朝鮮に対峙すべきだと言っているところで、韓国はわざわざ日韓の間に溝を作ったのだった。これらの行動は謎だったが、中国との関係改善に向けた動きだと言われている。後で触れるが、これは日米韓の3国合同演習を韓国が拒否したことにも繋がっている。

 トランプ氏は、日本と韓国を訪問した時に「北朝鮮の圧力を最大限に高める」と主張していたが、日韓は圧力をかける具体的な手段を持っていない。

 一方、中国は立場が全く異なる。中国は、北朝鮮に圧力をかける具体的な手段を持っているのだ。例えば、北朝鮮の貿易は、約9割が中国との取引である。もし、中国がこれを完全にシャットアウトすれば、北朝鮮経済は破綻する。

 あるいは、中国が北朝鮮に原油を送り込むためのパイプを閉めてしまえば、北朝鮮の国民の生活は成り立たなくなる。中国が本気になれば、北朝鮮は核廃棄も認めざるを得なくなるだろう。

 その点から、米中首脳会談の行方は全世界に注目されていた。トランプ氏は北朝鮮に対する圧力について、どこまで習近平に迫るのか。習近平は、どのように対応するのか。

コメント42件コメント/レビュー

さすが、日本のリベラル(と自称する反日左翼)ですね。誰でも分かる浅い分析でお目出度いです。

米国でもトランプの本音が分からず、米国リベラルの目の敵にされています。しかし、トランプの本心は改革であり、その中の大きい部分が世界に蔓延するグローバリズムという一種の社会主義との戦いであり、米国の国外では共産主義の撲滅も大きなターゲットです。そうした大枠の中での北朝鮮対策、中国対策とみるべきです。(2017/11/21 13:24)

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「東アジアの緊張続く、中国の策にはまった日米韓」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

さすが、日本のリベラル(と自称する反日左翼)ですね。誰でも分かる浅い分析でお目出度いです。

米国でもトランプの本音が分からず、米国リベラルの目の敵にされています。しかし、トランプの本心は改革であり、その中の大きい部分が世界に蔓延するグローバリズムという一種の社会主義との戦いであり、米国の国外では共産主義の撲滅も大きなターゲットです。そうした大枠の中での北朝鮮対策、中国対策とみるべきです。(2017/11/21 13:24)

トランプのアジア歴訪中、さすがに北朝鮮は沈黙していた。
そしてトランプは北朝鮮をテロ支援国家に再指定した。
これはやはり、挑発ではないだろうか。

どうしても北朝鮮から「最初の一発」を引き出し、その報復としての全面攻撃を企図していよう。

中国がある程度経済封鎖に同意しだした。このままでは北朝鮮は飢餓等で立ち枯れる。
欠乏に耐えかねて暴発すれば、まさに共和党右派政権の「思うツボ」だろう。
核開発が停滞し、このままの米中北の三すくみが続いても、米国はさほど困らない。
むしろ事実上の属国を制御できない中国の、国際的面子がつぶれるのではないだろうか。(2017/11/21 09:17)

ついにあのムガベも最後の時を迎えた。独立の英雄も、老いて害悪になり果てた。
金正雲はジンバブエをどう見ているだろう。

革命の聖地、ソ連が解体して四半世紀。今もスターリン主義の変形は、主としてアジアに残っている。この個人情報化の時代、閉鎖国家北朝鮮の庶民すら、自分たちが遅れた惨めな独裁体制で、世界中から警戒され見下されていることに気付いていよう。
そして古今東西のいかなる強権的独裁者の例にもれず、委員長同志も人民の怒りを恐れている。そして、自分は人民の絶対支持を受けている、との演出を好む。そのために馬鹿げた宣伝費用を浪費する。
そして、総ての独裁者が悲惨な末路を迎える。

北朝鮮人民には、もう二つの選択肢しかない。
金王朝を倒し、周辺国の援助のもとでどん底から社会を立て直すか、
血塗られた独裁者たちとともに、民族消滅を受け入れるか。(2017/11/20 05:38)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授