• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“バス旅番組”の面白さはバスの弱点のおかげ

詳細・大量の情報をどう整理するか。マニアに学ぶ「編集」の力

2016年3月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」はなぜ面白いのか?

 いま「路線バス」と言えば、太川陽介さん、蛭子能収さんと、回によって変わるマドンナの3人で行く「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」でしょうか。

 「路線バスの旅」と聞けば、どこかのんびりした印象を持ちがちです。しかし番組では、バス路線が途中で途切れて繋がっていなかったり、誰もバス路線情報を知らなかったり…と、トラブルの連続。苦難を乗り越えてゴールを果たしたり、果たせなかったりと、ハラハラさせられます。旅の進みは遅いので、そういう意味ではのんびりですが、「果たしてたどり着けるのか?」という緊張感と、バスを待ったり、停留所を探して歩いたりすることによる疲れも、画面からは漂ってきます。

 これはまさに路線バスの現状を表しています。つまり、地元の、使い慣れた人間でなければ、バスは探しにくく、乗りにくい。

 だからこそ、バスに移動手段を絞るこの番組は面白いのですが、一方で、バスが多くの人にとって自家用車や鉄道のような「頼れる」交通手段ではなくなっていることも露わにしています。実際、都市部でも地方でも、路線バス利用者は減っています。自家用車は地方で増加、首都圏や京阪神といった大都市圏では鉄道利用者も減少していません。路線バスは、大都市圏でも地方でも、鉄道や車に押されて使えないものになりつつあります(参考資料:国土交通省近畿運輸局「地域公共交通確保・維持・改善に向けた取組マニュアル」より『2.地域公共交通の現状』」、マニュアル全体のウェブページはこちら)。

 今回の結論を先に言えば、細かく、大量の情報を、初見の人にどう分かりやすく伝え、乗れる場所まで誘導するかが路線バス復活のカギとなります。そのためには、バス会社や自治体はもちろんですが、地元のNPOや、路線バスを愛好する人々の「情報の編集力」に学ぶところが大です。言い方を変えれば、コストをさほどかけずとも、愛情とセンスのある編集によって、路線バスが蘇る可能性があるのです。これは、似た状況に悩むビジネスにも応用が利く話だと思います。

検索結果に「バス」が出てくるようになってきた

 日常生活のみならず、仕事の足としても路線バスはあまり頼りにはされてきませんでした。

 日経ビジネスオンラインの読者の方も、大都市での移動は、鉄道と徒歩がメインで、路線バスを積極的に使う方はあまりいないのではないでしょうか。車での移動が主流となっている地方だとなおさらでしょう。「出張先でいきなりバスに乗る」というと、なんだか頼りない気分になりそうです。

 しかし、最近ちょっと状況が変わってきました。

 経路検索サイトやスマートフォンのアプリで、検索結果に路線バスが出てくることも増えてきました。「電車で行こうと思ったんだけど、候補にバスが出てきたので乗ってみたら、意外に便利で驚いた」という声を、筆者は時々聞きます。

 そうはいっても、馴染みのない人には馴染みのない路線バス。

 今回は、路線バスの便利な面を紹介しつつ、不便な面を克服する方法を追っていきたいと思います。その大きなカギは「路線図」。そう、やはり地図からすべては始まるのです(笑)。

ショートカットこそ路線バスの醍醐味

 東京や大阪では、都心から郊外に伸びる鉄道路線が数多くありますが、郊外と郊外を結ぶ鉄道は少なく、多くの場合、いったん都心を経由する必要があります。一方、郊外の街どうしを結ぶ路線バスはたくさんあるのですが、残念なことにその存在は地元以外にはあまり知られていません。

コメント7

「地理人 今和泉隆行の 仕事はすべて地図から始まる」のバックナンバー

一覧

「“バス旅番組”の面白さはバスの弱点のおかげ」の著者

今和泉 隆行

今和泉 隆行(いまいずみ・たかゆき)

地理人

1985年鹿児島市生まれ。7歳ごろから、実在しない都市の地図(空想地図)を描き始める。大学では地理学、まちづくりを専攻し、教育系NPOにも関与。現在は空想地図の製作を中心に「地理人」として活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧