• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

法人税減税を先取りする、利益繰り延べ用不動産

手堅い米国市場で、節税と売却益を両取りする

2016年1月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 主な税金の中で法人税だけが減税傾向にあり、政府は2016年の法人税の実効税率を30%未満になるように決めた。法人所得は先に繰り延べた方が得になる。法人にとって決算前の恒例行事になっている利益の繰り延べには、不動産が有力なツールになりうる。それは短期で大きな金額を償却できるという不動産の特徴があるからだ。連載第3回は、不動産を戦略的に使って、法人の節税とキャピタルゲインの両方を実現する「減価償却資産投資」を紹介する。

 主な国税には所得税、法人税、贈与税、相続税の4つがあり、国税庁に直接納めるので直接税といいます。この4つの直接税のうち、法人税以外は増税される傾向にあります。

法人税だけ、減税傾向が続く

 所得税は、収入の高い人の税率を引き上げ、2015年度の所得税から課税所得4000万円超の人は、40%から45%になりました。住民税と復興税を含めると、最高税率は56%と相続税率以上になっています。

 相続税は、消費税導入前の1988年よりも下げてきましたが、2015年1月に改正があり、相続税率の引き上げと、基礎控除額の大幅な引き下げが行われました。

 2億円超から3億円以下の財産を持つ資産家は相続税率が40%から45%に、6億円超の場合には50%から55%に上がりました。最高税率が50%から55%に引き上げられたわけです。相続税率の引き上げは、資産家に大きな影響を及ぼしました。

 贈与税は、直系尊属からの贈与は税率が緩和される一方、それ以外は税率等が引き上げられました。

 半面、法人税は減税されています。「ビジネスはグローバル化しているのに、日本の法人税は高く、国際競争力が落ちる」と非難されてきました。税率が高いままでは、日本から脱出して、本社をシンガポールや香港などに置いたほうがいいのではないかと考える経営者も増えていきます。

 加えて、法人税率が高い分、ほかのメリットが大きくなければ、海外の企業が日本に進出してこなくなります。

 そこで政府は、15年度は2.51%、16年度は0.78%以上を引き下げ、5年をメドに合計6%下げると表明しました。そして、16年度は実効税率で30%を割り、29.97%となることが決まりました。

役員報酬への所得税率は下げられる

 経営者の立場からは「所得税や相続税が増税され、法人税は減税される」という傾向から、所有する法人に利益を残すのが最も効率が良いという発想になるのは自然なことでしょう。役員報酬を多くもらうよりも法人に留保した方が得のように思います。しかし、所得税率を法人税率並みにできるなら話は変わってしまいます。その答えは前回、詳細に示しました。

 その概略だけ書くと、まず個人の所得税率は減価償却によって最高税率の56%から下げることができます。また償却後の資産を売却して、譲渡益課税20%で売却益を手にすることができます。合わせれば、手取り収入を2倍にすることができるわけです。例えば、1億円ぐらいの不動産投資をすると、手取り年収を1000万円以上増やすことができます。これだけで10~15%の単年度利回りを実現する商品と考えることができます。

コメント0

「経営者の手取り収入を3倍にする不動産戦略」のバックナンバー

一覧

「法人税減税を先取りする、利益繰り延べ用不動産」の著者

沖有人

沖有人(おき・ゆうじん)

不動産コンサルタント

1988年、慶應義塾大学経済学部卒業後、コンサルティング会社、不動産マーケティング会社を経て、1998年、アトラクターズ・ラボ(現スタイルアクト)を設立、代表取締役に就任。/

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック