• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ポケモンGOで蘇る、M&Aのほろ苦さ

第7回:大不評の裏技に隠された「設計思想」とは

2016年9月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ポケモン世代」の村上社長が、「ポケモンGO」ではその機能を把握しきれず、若い社員に教えてもらうことに……。29歳にしてもう「古い人」になってしまったのか?
 いや違う。わざととしか思えないほど、チュートリアルがあまりにシンプルだからだ!
 そこに実は、設計者の深い意図が隠されているのではないか?
 そう思い至った村上社長。ポケモンGOの超裏技から「ニコニコ動画」の時報、そしてコーポレートガバナンスまで、今回は、あらゆる仕組みの裏にある「設計思想」を探求します。(前回は、こちらをご覧ください)

「ポケモンGO」

今年7月にリリースされるや、世界的なヒット作となったスマートフォン(スマホ)向けゲーム。開発したのは、米ナイアンティックと任天堂の関連会社ポケモン。ナイアンティックは、米グーグルで位置情報ゲーム「イングレス」を成功させた部門が、2015年に独立したベンチャー。ポケモンGOでは、1996年に任天堂から発売された人気ゲームタイトル「ポケットモンスター」をベースに、GPS(全地球測位システム)やAR(拡張現実)といった最新技術を織り交ぜ、ゲームに新しい世界観をつくり出した。

 今回のお題は、今さらながら「ポケモンGO」です。

 日本での配信スタートからすでに約2カ月。「人気のピークは過ぎた説」もささやかれますが、子どもから大人まで巻き込む社会現象を起こしたことは事実。歴史に名を残すゲームであることは間違いなさそうです。

 ゆえに、様々な分野の人たちが、様々な切り口で、ポケモンGOについて語っています。
 例えば、ITの分野からは「AR(拡張現実)技術の本格普及の画期となった」。
 また、精神医学の分野からは「メンタル不調の改善に役立つ可能性がある」など。

 一方、私が実際にやってみて気になったのは、ここでした。

 「チュートリアルがシンプルすぎる」

「ポケモン世代」が、「ポケモンGO」に四苦八苦

 私が初めてポケモンGOに挑戦したとき、少しばかり戸惑いました。機能をすべては把握しきれなかったのです。

 我ながら、意外です。

 私はいわゆる「ポケモン世代」です。最初のポケモンゲームが発売されたのが、小学生のとき。当時から友達同士で、携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」を通信ケーブルでつなぎ、互いの持つポケモンを対戦させて遊んでいました。
 でも、スマホ版は、まったく別物。そう簡単にはいきませんでした。

 何せ、チュートリアルが、シンプルすぎるのです。

「ポケモン世代」を自認する。小学生のとき、最初のポケモンゲームが発売され、夢中になった(写真:栗原克己)

コメント4件コメント/レビュー

ポケモンGOは興味もなくインストールさえしなかったので、練習用に現れる最初の3匹を無視するとピカチュウが現れ捕獲できるのトリビアも、この記事で初めて知り、それって単にマニュアル通りに動かなかったへそ曲がりな方へのささやかなご褒美なんじゃ?(企業にはそういう変わり者も必要です)と私は受け止めましたが、あえて情報不足にすることでクチコミで「バズ」らせる効果も期待できるんですね。
一歩間違えばバグとして回収騒動になりそうと騒動をネガティブに受け止めてしまうのは、私の頭が固定概念で固くなっているせいなのかもしれません。(2016/09/26 18:06)

「リブセンス村上太一社長の何でもレビュー!」のバックナンバー

一覧

「ポケモンGOで蘇る、M&Aのほろ苦さ」の著者

村上 太一

村上 太一(むらかみ・たいち)

リブセンス社長

1986年東京都生まれ。大学1年生のとき、リブセンスを設立。11年2月、25歳1カ月で東証マザーズ上場、12年10月、25歳11カ月で東証一部に市場変更。ともに史上最年少記録を更新した。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ポケモンGOは興味もなくインストールさえしなかったので、練習用に現れる最初の3匹を無視するとピカチュウが現れ捕獲できるのトリビアも、この記事で初めて知り、それって単にマニュアル通りに動かなかったへそ曲がりな方へのささやかなご褒美なんじゃ?(企業にはそういう変わり者も必要です)と私は受け止めましたが、あえて情報不足にすることでクチコミで「バズ」らせる効果も期待できるんですね。
一歩間違えばバグとして回収騒動になりそうと騒動をネガティブに受け止めてしまうのは、私の頭が固定概念で固くなっているせいなのかもしれません。(2016/09/26 18:06)

ピカチュウの裏ワザに関してはバズり目的ではなくてアニメのエピソードへのリスペクトっていう意見の方がしっくりきますね。(2016/09/26 15:54)

自分への過信で暴走し得ると判っただけでも偉い!(2016/09/26 15:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長