• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エステー鈴木貴子の社長は演技力!

このコラムについて

2013年、エステーの社長に就任した鈴木貴子氏。
当初は“三重苦”からのスタートでした。「カリスマの後継」「予期せぬ昇格」「業界未経験」――。
会長のおじ、鈴木喬氏は、“ユニークなキャラクターと業績回復”の実績で知られた名物経営者。その喬氏から、突然の社長就任の打診を受けます。引き受けたものの、貴子氏はエステーの主力である日用雑貨の世界ではまったくの素人。頼りになるのは、自分で切り拓いたキャリアで得てきた経験の数々でした。
そんな貴子氏のモットーは「プロとして役を演じきる」。
就任3年目で9カ月間では過去最高益(16年4~12月)を叩き出した女性経営者が「笑顔のリーダー学」を語ります。

記事一覧

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長