• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界が認める「深黒」染物を生み出す白い液

第19回:黒一筋で可能性を追及する京都紋付の想いとは?

2017年2月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

関西ローカルながら、不思議な人気を持つテレビ番組「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」。 そこでは、独自の手法で成功した会社などが取り上げられている。関西ならではの着眼点、ど根性、そしてユーモア―――、そのエッセンスを伝えていく。 第19回は、今、世界中から注目を浴びている黒染め技術の「京都紋付」の熱き想いをお送りする(前回の記事はこちら)。

 こんにちは。大阪はMBS(毎日放送)のアナウンサー上泉雄一です。私は今「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」(水曜深夜0時59分から放送・関西ローカル)という番組の司会をしております。

 ランチの定番で外せないのが「洋食」ですよね。濃厚なデミグラスソースのたっぷりかかったハンバーグや、衣がサクサクのエビフライを想像すると、もうそれだけでライスをほお張る自分が目に浮かびます。
 そんな洋食の名店「フレンドシップ」というお店が、大坂城の麓、森ノ宮というところにあります。大阪市の中央を東西に走る「中央大通り」で森ノ宮駅前の交差点を越えると目に飛び込んでくる「洋食とビール」と書かれた大きな看板が目印です。このお店、以前は隣に近鉄バファローズの使用していた日生球場があり、筆者も若きスポーツアナウンサーだった頃、取材を終えて試合が始まるまでの腹ごなしに先輩によく連れて行ってもらった懐かしいお店でもあります。今やその日生球場も取り壊され、跡地はショッピングモールに生まれ変わり、お店周辺の雰囲気も少し変わりました。またお店自体も数年前にリニューアルされてキレイになりましたが、昔ながらの雰囲気と味はもちろんそのままで、新聞記者をはじめ報道関係者でも大賑わいだった店内の様子が浮かんできます。

フレンドシップの「手ごねハンバーグ」。単品にライスと味噌汁をセットするのが上泉流

 トンカツと白身のフライが盛り付けられた「A定食」からエビフライ白身フライにエビクリームコロッケの「B定食」、ここに手ごねハンバーグまで盛られた最強の「C定食」の定番メニューはもちろんテッパンですが、筆者のおススメは「手ごねハンバーグ」の単品にライスと味噌汁。手ごねならではのフワフワの食感に肉の旨みをしっかり感じられるハンバーグ。ここに、たっぷりのデミグラスソースがかかっています。このソースも決してクドくなく、身体に優しいお味。これをひと口ほお張り、その美味しさを残したままライスをほお張り、またその美味しさを残したまま味噌汁を、ずずず、とすすり、味わいを深めますると、美味しさと同時に、筆者の脳裏に先輩アナの厳しいご指導がよみがえり、懐かしく、ほろ苦い想い出が巡ります。
 皆様にも、「そんな懐かしい味」ありませんか?

世界に認められた「黒」専門の会社

 さて、みなさま「黒」ってお好きですか?
 凛々しく、カッコいいイメージであると同時に、マイナスのイメージもある特殊な色ですよね。  そんな「黒」を専門に扱い、その技術が今や世界に認められるまでとなった会社があるのをご存知でしょうか?
 1915(大正4)年創業の「京都紋付」は「黒染」の会社。
 「黒染め」とは、文字通り「服の生地を黒く染める」こと。この「黒染め」に特化し、「黒染め」だけを生業としている京都でも珍しい「黒染め専門」の会社なんです。

「京都紋付」DATA
・創業:  1915(大正4)年
・年商:  2億5000万円(2016年)
・従業員数:7人

コメント1

「儲かりまっか?の経済学」のバックナンバー

一覧

「世界が認める「深黒」染物を生み出す白い液」の著者

上泉 雄一

上泉 雄一(うわいずみ・ゆういち)

毎日放送アナウンサー

1969年2月9日生まれ。早稲田大学教育学部出身、1992年に毎日放送(MBS)入社。担当番組はテレビ「 ~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」(http://www.mbs.jp/otonakai/)、ラジオ「上泉雄一のええなぁ!」(http://www.mbs1179.com/uwa/)

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授