• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中興の祖が会社を停滞させるのはなぜ?

第1回:カルビー・松本晃会長兼CEOと考える「創業家の見識」(前編)

  • 星野 佳路

バックナンバー

2016年9月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[視点]
 ファミリービジネスで後継経営者を決めるとき、3つの選択肢があります。
 第1に、創業家のメンバー。
 第2に、創業家出身でない社員、役員の内部昇格。
 第3に、社外からの招へい。
 外部招へいの成功例がカルビーです。創業家から7年前に経営を託されたのが、会長兼CEOの松本晃さん。米ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人の社長を9年務めた実力者です。その指揮の下、カルビーは7期連続の増収増益を記録しています。そんな松本さんに創業家の役割を聞きました。

(星野佳路)

松本 星野さん、ご来社ありがとうございます。この本社(東京・丸の内)に、ぜひご案内したい場所があるので、いらしてください。

星野 一見したところ、開放的なオフィスですね。フリーアドレスで、会議室もガラス張りだ。

松本 そこに1つだけ、外から中が見えない、扉のついた部屋があるのです。こちらです。

星野 ここは、何の部屋ですか。

松本 創業者のご子息たちの部屋です。社外の人に見せるのは、初めてです。6年前にオフィスを移転したとき、個室はつくらないと決めたのですが、ここは特別です。ただ、以前は1人1部屋ずつ持っていらしたのを、私から頼んで、全員で1部屋にしてもらいました。

 私は創業者の三男とのご縁で、この会社の会長兼CEOになりましたが、引き受けるとき条件をつけました。「私を選んでくれたのに悪いのですが、松尾さん(三男)、役員を退いていただけませんか」と。聞き入れてくださいました。

星野佳路(ほしの・よしはる)
1960年長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、米コーネル大学ホテル経営大学院に進学し、修士号取得。88年星野温泉旅館(現星野リゾート)に入社。いったん退社した後、91年に復帰して社長に就任

星野 すごいですね。松本さんの提案もさることながら、聞き入れる創業家の度量がすごい。

松本 そうです。私は口が悪いので、創業家に辛らつなことも随分言いますが、自由に議論させてくれる。インテリジェンス(知性)の高い、優秀な方たちです。

コメント1

「星野佳路のファミリービジネス研究会」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員