• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

それは絵なのか、器なのか…尾形乾山が創造した江戸の前衛芸術

2015年6月27日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 和食は「目で食べる」と言うけれど、料理が盛られる前に器を見ているだけで胸がいっぱいになりそうなのが、尾形乾山の「色絵石垣文皿」である。江戸時代中期、17世紀の作なのに思いっきりの抽象模様。20世紀の初めに抽象絵画を創始したカンディンスキーなんかがこの器を見たら、前衛芸術ぶりにさぞかしびっくりしたことだろう。

尾形乾山「色絵石垣文皿」(左、京都国立博物館蔵)や同「銹絵(さび絵)百合形向付」(MIHO MUSEUM蔵)が並ぶ一角。カラフルな抽象模様に驚く

 色の配置から、集積した一つ一つの形のランダムさ加減までが心憎い。ほかにも、絵の具をしたたらせる手法などを使って斬新な抽象画を描いた20世紀米国の画家、ジャクソン・ポロック顔負けのなぐり書きのような絵を描いた器もある。

尾形乾山「白泥染付金彩芒文蓋物」(左、サントリー美術館蔵)や同「銹絵染付金銀白彩松波文蓋物」(出光美術館蔵)が並ぶ一角。米国20世紀の画家、ジャクソン・ポロック顔負けの表現

 東京・六本木のサントリー美術館で開催中の「着想のマエストロ乾山見参!」展には、これらの皿をはじめとする尾形乾山の多くの作品、本阿弥光悦や野々村仁清ら乾山が登場する素地となった作品、そして乾山の創造性を継承した作家のものまで、たくさんの陶磁器や絵画が出品されている。

「小川敦生のあーとカフェ」のバックナンバー

一覧

「それは絵なのか、器なのか…尾形乾山が創造した江戸の前衛芸術」の著者

小川 敦生

小川 敦生(おがわ・あつお)

多摩美術大学美術学部芸術学科教授

日経マグロウヒル社(現・日経BP社)入社後、日経アート編集長や同社編集委員を経て、日本経済新聞社文化部へ。美術担当記者として多くの記事を執筆。2012年4月から現職。専門は美術ジャーナリズム論。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長