• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

俵屋宗達が創り出した江戸の「アニメーション」

京都国立博物館の琳派展より

2015年10月24日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 建仁寺は京都の繁華街の四条から夜桜で有名な円山公園に向かって東に歩き、鴨川を超えてやや南下した場所にある。先日訪れた時、俵屋宗達の《風神雷神図屏風》がここにあった数百年前に思いをはせた。そこで改めて感じたのは、華やかでユーモラスなその絵が寺という宗教施設の所有品だった京都の豊かさだった。現在、同寺で見ることができるのは、プリンターを作っている企業が制作した複製品だ。それでも独特の空気を持つ寺の空間の中で、海北友松の襖絵の複製などとともに、生命力を得ているように感じた。

 京都国立博物館で開かれている「琳派 京(みやこ)を彩る」と題された展覧会が、目玉作品としてこの屏風のオリジナルを展示している。同館の前身である恩賜京都博物館に建仁寺がこの屏風を寄託したのは1946年。昭和初期に寺を襲った台風の被害や第二次大戦を経たことによる判断と推察できるが、戦前まで大切に所蔵してきた宝を、寄託とはいえ手元から別の場所に移すのは、寺としてはさぞかし重い決断だったことだろう。

俵屋宗達《風神雷神図屏風》(江戸時代、17世紀、京都・建仁寺蔵、京都国立博物館寄託、国宝)展示風景

 《風神雷神図屏風》は中国の仏教遺跡、敦煌莫高窟の壁画にも同じ画題の図柄があり、描かれた内容のオリジンは宗教にある。もともとは建仁寺の末寺である妙光寺にあり、江戸時代のある時、建仁寺に移されたという。所蔵者からしても宗教にかかわりがある絵なのだが、漫画に近いキャラクターの立った描き方を特徴とする宗達の作品を純粋に「仏教絵画」と呼ぶべきかどうかについては迷うところだ。そもそも宗達は仏教絵画専門の絵師ではない。だからこそ、これほどのおおらかな表現が花開いたのだろう。

尾形光琳《風神雷神図屏風》(江戸時代、18世紀、東京国立博物館蔵、重要文化財)展示風景

 ともに動きのある風神と雷神が大胆に向き合った構図は巧みの極みだ。絵をしばらく眺めた後、試しに目を閉じてみた。まぶたの中で、二人の神がそれぞれ動き始め、太鼓を叩きながら踊ったり空の端から端へと駆けたりしているような映像が浮かび上がってきた。皆様もお試しあれ。

「小川敦生のあーとカフェ」のバックナンバー

一覧

「俵屋宗達が創り出した江戸の「アニメーション」」の著者

小川 敦生

小川 敦生(おがわ・あつお)

多摩美術大学美術学部芸術学科教授

日経マグロウヒル社(現・日経BP社)入社後、日経アート編集長や同社編集委員を経て、日本経済新聞社文化部へ。美術担当記者として多くの記事を執筆。2012年4月から現職。専門は美術ジャーナリズム論。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長