• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

眠ったら動画再生を止める「Netflix靴下」

設計図を公開するだけ、作るのはあなた

2016年1月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真●「Netflix Socks」のWebサイト
出典:米Netflix
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年はIoT(Internet of Things)元年とでも呼ぶべき年で、いろいろな製品アイデアが登場した。その中で秀逸だったのは、年末に発表された「Netflix Socks」ではないだろうか(写真)。

 「Netflix」は、日本でもようやくサービスが始まった映画やテレビ番組が見放題のストリーミングサービス。アメリカでは、夕刻の時間帯にはNetflixユーザーの利用によって米国のインターネット全体の通信帯域の3分の1以上が占められていると言われるほど人気を呼んでいる。もうどこの家でも利用していると言っていいサービスだ。

 Netflixの視聴スタイルとして最近よく耳にするのが「Binge Watching」だ。「Binge」とはいわゆる「一気飲み」のことで、毎週放映していた連続ドラマをまとめて1日で見てしまおうといったタイプの鑑賞方法である。

 Netflix Socksはその時にはく「IoTソックス」だ。そのアイデアには笑っちゃいそうなものがある。だが、その意味は意外にも深い。

ユーザーの体の動きをセンシング

 ソックスのアイデアはこうだ。ソファに寝転んで何時間もテレビ番組を見ようとすれば、決まって途中で寝入ってしまうだろう。翌日続きを見ようと思っても、「さて、どこまで見たのだっけ?」となってしまう。中断したシーンを探すのは結構面倒なものだ。そんなとき、Netflix Socksが役に立つ。このソックスはユーザーが寝入ってしまうとそれを感知し、テレビを消して動画の再生を止める。おかげで翌日はその続きをすぐに再生できるというわけだ。

 手首に付けるウエアラブル製品の中にも、睡眠の時間や質を計測してくれるものがある。Netflix Socksはこれを一歩進め、数値をモニターするだけでなく、役に立つ方法で生かしているという点で興味深い。だがもっと面白いのは、Netflix Socksは製品として売るのではなく設計図を公開するだけにし、欲しい人や作りたい人が「メイカー」となって手作りするというスキームになっている点だ。

 そして、このNetflix Socksを発表したのは、運営事業者の米Netflix自身である。ユーモアと冗談の混じったPRであることは確かだが、実際に作れるという点で「ギーク」らしさに通じる新しいIoT製品のアイデアでもあり、またクリスマスのプレゼントにもなるという多面的な意味があった。

 ただし、このソックスを作るのは簡単ではない。毛糸のソックスを編み上げなくてはならないし、エレクトロニクスを自分で組み立てる必要がある。

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「眠ったら動画再生を止める「Netflix靴下」」の著者

瀧口 範子

瀧口 範子(たきぐち・のりこ)

ジャーナリスト

シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、社会、文化、時事問題、建築、デザインなどを幅広く日本のメディアに寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長