• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アップルのスピーカー端末、AIより音楽を推す謎

2017年6月10日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ホームミュージックを再発明する」――。2017年6月5日(米国時間)に開催された「WWDC 17」で米アップルは、事前の予想通り「Amazon Echo」対抗となるスピーカー端末「HomePod」を発表した。AI(人工知能)アシスタントを強調する競合に対して、アップルがHomePodで強調したのは音の良さだった。

写真●米Appleのスピーカー端末「HomePod」
出典:米Apple
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルが今回発表したHomePodは、2017年12月に米国、英国、オーストラリアの3カ国で発売するスピーカー端末だ。米国での価格は349ドル。同社のAIアシスタント「Siri」が利用できるという点でHomePodは、米Amazon.comが2014年末に発売した「Amazon Echo」や米Googleが2016年11月に発売した「Google Home」、米MicrosoftのAIアシスタントを搭載して米HPなどが商品化する予定の「Cortana搭載スピーカー」などに追従する製品となる。

高い処理性能も音質向上に活用

 しかしWWDC 17の基調講演に登壇したアップルのPhilip Schillerシニア・バイス・プレジデントは、HomePodではAIアシスタントが利用できる点よりも、重低音を強調するウーファーを搭載することや、音の出る方向を調整する「ビームフォーミング」が可能なツイーター(高音用スピーカー)を7個搭載することなど、スピーカーとしての音質の良さをアピールした。「iPhone 6/6 Plus」と同じ「A8」プロセッサを搭載するHomePodは高い処理性能を備えるが、Schiller氏が語るプロセッサの用途もソフトウエアによる音質向上が中心だった。

 HomePodでは「iPhone」や「iPad」のSiriと同様に、様々な用途にSiriを利用できる。ユーザーが「Hey Siri」と呼びかけて問いかけると、単に音楽を再生するだけでなく、ニュースや天気予報、周辺の渋滞情報などを読み上げる。またアップルの家電コントロール仕様「HomeKit」に対応するデバイスを、音声を使って操作することも可能だ。アップルは今回、iOSの新バージョンである「iOS 11」に搭載するSiriが、英語から中国語やスペイン語などへの翻訳に対応すると発表している。この翻訳機能もHomePodで利用できる。

キッチンではなく居間を狙う

 それでもWWDCの基調講演では、Siri関連の機能よりも音質に関する説明に多くの時間が割かれた。アップルが音質を重視するのは、他社とは狙うマーケットが違うためだ。HomePodの価格は349ドルで、Amazon Echoの179.99ドルやGoogle Homeの129ドル(Google Storeでの現在の価格は109ドル)と比べると高価だ。Amazon EchoやGoogle Homeの利用シーンはリビングルーム、キッチン、寝室と幅広いのに対し、HomePodはリビングルームに据え置く高級オーディオとして、じっくり音楽を楽しむことに注力している。

 WWDC 17で浮き彫りになったのは、アップルのスピーカー端末やAIに関するスタンスが、AmazonやGoogleなどの競合と比べて大きく異なることだ。HomePodに搭載される「Anonymous ID」という機能も違いの一つ。「Apple ID」を使ってログオンしていなくてもHomePodを利用できるようになる仕組みだ。Amazon EchoやGoogle Homeは、AmazonやGoogleのアカウントにログオンした状態でなければ利用できない。むしろGoogle HomeのAIアシスタント「Google Assistant」の場合は、ユーザーの声色の違いまで識別し、ユーザーにカスタマイズした応答をすることをアピールしていたほどだった。

コメント3件コメント/レビュー

この筆者はコンピューターを良く解っていないのでしょう。
ハッキリ言って素人です。
コンピューターと人間の所謂マンマシンインターフェースの部分が今変わろうとしている事が理解できないでいる様です。
初代エニアックの機紐の依るものからCRTとキーボード入力になるまで随分時間が必要でした。
アップルが無かったらマウス入力は無かったと言えます。
更にジョッブスはタッチパネルを実用で使えるところまで進化させました。
そしてこの新しいマシンは声で機械を操作するものです。
「ボイスオペレーション」と言われる手法です。
このくらいの事は知っていてほしいものです。

アップルの音への拘りは相当なものです。
21世紀になって発売したiPodはソニーのウォークマンを駆逐しました。
アップルコンピューターが社名だったものが単にアップルに代わったきっかけは携帯音楽再生機だったことを理解しなさい!
謎でも何でも無いですよ。(2017/06/17 13:40)

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「アップルのスピーカー端末、AIより音楽を推す謎」の著者

中田 敦

中田 敦(なかだ・あつし)

シリコンバレー支局

1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。ITproや日経コンピュータを経て、2015年5月からパロアルトに開設したシリコンバレー支局を拠点に、シリコンバレーの最新事情を取材中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この筆者はコンピューターを良く解っていないのでしょう。
ハッキリ言って素人です。
コンピューターと人間の所謂マンマシンインターフェースの部分が今変わろうとしている事が理解できないでいる様です。
初代エニアックの機紐の依るものからCRTとキーボード入力になるまで随分時間が必要でした。
アップルが無かったらマウス入力は無かったと言えます。
更にジョッブスはタッチパネルを実用で使えるところまで進化させました。
そしてこの新しいマシンは声で機械を操作するものです。
「ボイスオペレーション」と言われる手法です。
このくらいの事は知っていてほしいものです。

アップルの音への拘りは相当なものです。
21世紀になって発売したiPodはソニーのウォークマンを駆逐しました。
アップルコンピューターが社名だったものが単にアップルに代わったきっかけは携帯音楽再生機だったことを理解しなさい!
謎でも何でも無いですよ。(2017/06/17 13:40)

謎でもなんでもなくてAppleとはそういうところです。何も知らずによくもこういう記事にこういうタイトルつけられますね。(2017/06/13 17:22)

「AIより音楽を・・」という題名と記事内容はどう関係するの?
ほぼ無関係だよね。(2017/06/13 11:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長