• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

揺れる米デジタル広告業界、Microsoftはディスプレイ広告から撤退

2015年7月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国のデジタル広告業界が揺れている。2015年6月、米Microsoftがディスプレイ広告市場から撤退して、同事業を米AOLに譲渡すると発表。そのAOLも2015年5月、米Verizon Communicationsに買収されることを発表している。

 米TwitterでDick Costolo氏が7月1日にCEO(最高経営責任者)を退任した背景にも、モバイル広告を主な収入源とする同社の売り上げの伸び悩みがあるとされる。急速に伸び続けてきたデジタル広告業界も、転換点を迎えているようだ。

Microsoftは赤字続きのデジタル広告事業を縮小

 Microsoftがディスプレイ広告事業をAOLに譲渡すると発表したのは6月29日(米国時間)。ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、スペイン、英国、米国の9カ国で、Microsoftの広告セールスとマーケティング関連の従業員がAOLに移籍する。

 米Bloombergの報道によれば、MicrosoftからAOLに移籍する社員は1200人に達するという。Microsoftは同時に、AOLが今後10年間、Microsoftの検索エンジンである「Bing」とBingの検索連動広告をAOLのサイトで使用することになったと発表している。

 Microsoftがデジタル広告に力を入れ始めたのは、2000年代後半のこと。2007年5月にはデジタル広告会社の米aQuantiveを60億ドルで買収するなど、サービスの拡充を図った。広告収入を元にオンラインサービスを提供する米Googleが、Microsoftのソフトウエアビジネスの脅威になり始めていたことが背景にあった。

 しかしMicrosoftのデジタル広告は長年苦戦が続いていた。同社は2013年度をもってデジタル広告を中心とする「オンラインサービス部門」の個別決算開示を終了しているが、同部門は2013年度に13億ドル、2012年度には81億ドル、2011年度に27億ドルの営業赤字を計上していた。Microsoftはディスプレイ広告事業をAOLに譲渡し、デジタル広告に関しては今後、Bingの検索連動広告に専念するとしている。

AOLはVerizonへ身売り

 Microsoftからディスプレイ広告事業を引き継ぐAOLも、Verizonへの身売りを5月12日(米国時間)に発表済みだ。VerizonによるAOLの買収金額は44億ドル。VerizonはAOLの買収によって、「LTE網を使ったビデオ戦略を加速できる」(同社のプレスリリース)と説明する。AOLのメディア事業の主力は「Huffington Post」や「TechCrunch」、「Engadget」といったブログメディアだが、AOLは最近、Webサイト「Aol.com」でビデオコンテンツの配信に力を入れていた。

コメント0

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「揺れる米デジタル広告業界、Microsoftはディスプレイ広告から撤退」の著者

中田 敦

中田 敦(なかだ・あつし)

シリコンバレー支局

1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。ITproや日経コンピュータを経て、2015年5月からパロアルトに開設したシリコンバレー支局を拠点に、シリコンバレーの最新事情を取材中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長