• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「画像認識オーブン」「ユーザー追尾ドローンカメラ」、未来的な商品が続々予約開始

2015年7月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「カメラで食材を識別して、適切な温度と調理時間を自動設定するオーブン」「ユーザーを追いかけながら撮影するカメラ搭載ドローン」――。米国で最近、このような未来を感じさせる商品の予約販売が次々と始まっている。

写真1●画像認識オーブン「June Intelligent Oven」

 米サンフランシスコに拠点を置くスタートアップの米Juneは2015年6月9日(米国時間)、温度や調理時間をコンピュータが自動設定するというオーブン「June Intelligent Oven」の予約販売を開始した(写真1)。価格は1495ドルで、2016年春に出荷を開始する予定だ。

 June Intelligent Ovenは、カーボンファイバー製の電熱線を備えただけの単純な「オーブン」だ。調理方法としては「焼く」「温める」しかできない。日本で普及する「オーブンレンジ」のように、電子レンジの機能を備えているわけではない。その代わりにJune Intelligent Ovenは、様々なカメラ/センサーを搭載する。食材や料理を識別するためのHDカメラ、重量計、温度計などだ。

ベストの焼き加減で調理

写真2●クッキーを認識した「June Intelligent Oven」

 調理に際してユーザーが行うのは、食材をオーブンに入れることだけ。カメラや重量計が、食材や料理の種類や重量を自動判別し、コンピュータが最適な温度や調理時間を自動設定してくれる(写真2)。オーブン内蔵の温度計は、肉などの食材に突き刺して内部の温度を計測するというもの。肉の内部の温度を測りながら火加減を調整するため、生焼けや焼き過ぎを防ぎ、ユーザーの好みの焼き加減に調理してくれるという。

 June Intelligent OvenはWiFi機能を備えており、庫内のカメラが撮影する画像をインターネット経由でスマートフォンから閲覧できる。コンピュータによる自動調理が信用できない場合は、スマートフォンを使って、いつでも焼き加減を確認できるという仕組みだ。

 Juneの共同創業者、CEO(最高経営責任者)のMatt Van Horn氏やCTO(最高技術責任者)のNikhil Bhogal氏は、米AppleやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の米Pathでキャリアを積んだソフトウエアエンジニアだ。これまではオーブンのような「白物家電」とは縁もゆかりも無かったが、ソフトの力によって革新的なオーブンが実現可能になると考え、市場参入を図った。既存の白物家電メーカーにとって、全く新しいタイプの競合が現れた。

コメント0

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「「画像認識オーブン」「ユーザー追尾ドローンカメラ」、未来的な商品が続々予約開始」の著者

中田 敦

中田 敦(なかだ・あつし)

シリコンバレー支局

1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。ITproや日経コンピュータを経て、2015年5月からパロアルトに開設したシリコンバレー支局を拠点に、シリコンバレーの最新事情を取材中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)