• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第3回:配送サービスの品質が大違い、日米のAmazonを比べてみた

  • 中田 敦=シリコンバレーNext

バックナンバー

2015年7月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京在住時に「Amazon.co.jp」のヘビーユーザーだった記者は、米国でも「Amazon.com」をよく利用している。記者のシリコンバレー生活をつづる本コラムの第三回は、日米のAmazonを比べてみた。

 東京在住時の記者は、生活のかなりの部分をAmazonに頼っていた。即日配達が無料になる「Amazon Prime」の会員になり、本やCD/DVD、中~小型の家電だけでなく、かさばるペットボトルや洗剤、保存用のレトルト食品など、生活必需品の多くもAmazonで購入していた。家の近所の実店舗に買い物に行くよりも、Amazonを利用することの方が多かったほどだ。

 記者の「Amazon依存度」が高かったのは、「クロネコヤマト」の集配所の向かいに住んでいたからという要因が大きい。平日の夕方までに商品をAmazonで注文すると、翌朝8時前にクロネコヤマトの配達員が商品を自宅に届けてくれた。出勤前に荷物を受け取れるので、非常に便利だった。

 留守中に荷物が届いても、電子メールで不在通知が届き、Webから再配達をすぐに申し込める。そもそもAmazon Primeのユーザーは、商品の配達日や時間帯を自由に指定することが可能だった。クロネコヤマト以外の配達だと、ちょっと不便を感じていたが、配達に関する不満はほぼ無かった。

 そんな便利なAmazon生活は、シリコンバレーに移住して大きく変化した。配送サービスの品質が、日本と米国では全く異なるからだ。

Prime会員でも「2日後の配達」のみ

 まずこの地では、年間99ドルのPrime会員であっても、無料で利用できるのは「2日後の配達」のみ。米国でも一部の都市に住むPrime会員は即日配達が無料になるそうだが、記者が住むクパチーノは対象になっていなかった。日本のように配送日や時間を指定することはできない。

 面白いのは、Prime会員であれば配送に5営業日がかかる「急がない配達(No-Rush Shipping)」も選択可能である点。このオプションを選んだ場合、Amazonのデジタルコンテンツ(eブックやデジタル音楽/ビデオ)が購入できるクーポン券が、3ドルとか5ドル分、商品の価格に応じて付与される。

 戸惑ったのは、米国のAmazonで商品を頼んだ場合、商品は基本的に自宅のドア先に放置されるだけだったこと(写真1)。

写真1●アパートの玄関先に配達(放置)されたAmazonの商品
[画像のクリックで拡大表示]

 配達員は商品を置いていく際にドアをノックしていってくれるし、配達(実際には放置)と同時に携帯電話にSMSのメッセージが届くので、自宅にいる場合は安全に商品を受け取れる。しかし留守だった場合、荷物は帰宅するまで置き去りのままだ。

コメント0

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック