• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米人気ゴシップサイト「Gawker」で騒動、複雑なその背景

2015年8月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2015年7月、米国の人気ゴシップサイト「Gawker(ゴーカー)」を巡って騒ぎがあった。

 Gawkerは米Gawker Media Groupが運営するサイトで、ニュースとゴシップが混じった内容が多い。タブロイドほどに下品にはなりきらないがほぼギリギリという感じで、有名人の醜悪さをシャープにえぐるといったニュースが得意だ。Gawker Media Groupはほかに「Lifehacker」や「Gizmodo」「Kotaku」などのサイトを運営している。

 騒ぎは、Gawkerで報じられたあるニュースがGawker Media Groupの経営トップの判断によって取り下げられたことに端を発している。そのニュースはある有名企業の男性重役がポルノ男優に2500ドルを支払って買春したという内容だ。ニュースではその企業名や重役の実名、役職も明らかにされていた。重役は表向きゲイではなく、家庭も子供も持つ人物だった。

 そのニュースの取り下げを命じたのは、Gawker Media Groupの創業者兼CEO(最高経営責任者)のNick Denton氏。基本的には経営側のポジションである。その彼が編集の内容に口を出してニュースの取り下げを命じたのは自由な編集権を侵すものと抗議して、Gawker編集部の発行人と編集長が辞職した。

 米国では最近、複数のサイトを運営するメディアグループが注目を集めている。米BuzzFeedや米Vox Mediaなどが代表格だが、2003年からGawkerを運営するGawker Media Groupは老舗とも言える1社で、これまでGawkerを着実に運営してきた。それが内側から破裂したような騒ぎを起こしたことから、米国の他メディアもその事態を刻々と伝えていた。

 ここへ来て事態はようやく収拾したようだが、これに関するニュースにいろいろ目を通していて、まるでタマネギの皮をむくようにいろいろなことが分かった。

ニュースに報道価値がないとCEOが判断

 まずDenton氏がニュースの取り下げを決定したのは、このニュースに何の報道価値もないと判断したらだという。確かにゲイであることを隠している有名企業の重役のプライバシーを暴く以外にニュース価値はなく、Denton氏はこの手のことはGawkerの価値としないと考えたとのことだ。

コメント0

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「米人気ゴシップサイト「Gawker」で騒動、複雑なその背景」の著者

瀧口 範子

瀧口 範子(たきぐち・のりこ)

ジャーナリスト

シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、社会、文化、時事問題、建築、デザインなどを幅広く日本のメディアに寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)