• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第5回:航空券検索にスマホレンタカー、出張を快適にするサービスを体験

2015年9月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 出張が面倒なのは米国でも日本でも変わらないが、できることなら快適にしたい。記者のシリコンバレー生活をつづる本コラムの第5回では、先日テキサス州オースティンに出張した際に試してみた、各種の便利なサービスを紹介しよう。

 日本に比べて米国での出張が面倒なポイントは、大きく二つある。一つは航空券の手配、もう一つはレンタカーの手配だ。ホテルの手配は日本でも米国でも特に変わらない。それぞれの作業について米国だと何が面倒で、今回のオースティン出張でどのようなサービスを使ってその面倒さを解消させてみたのか、それぞれ説明していこう。

航空券の検索には「Google Flights」が便利

 まずは航空券の手配だ。記者が住んでいるシリコンバレーは、かつて住んでいた東京に比べて、利用できる空港と、利用できる国内航空会社の数がとても多い。規模の大きいサンフランシスコ国際空港(SFO)以外に、自宅から20分ほどの距離にあるサンノゼ国際空港(SJC)や、サンフランシスコの対岸にあるオークランド国際空港(OAK)も利用可能だ。

 国内線を飛ばしている航空会社としては、「United」「American」「Delta」「US Airways」といった大手航空会社だけでなく、「Southwest」「Virgin America」「Jetblue」「Sprint」といった、日本にいるときにはあまり馴染みがなかった航空会社もある。空港や航空会社の種類が多いのは便利である一方、「一番安い航空券を手配せよ」というプレッシャーにさらされている会社員にとっては、種類が多過ぎるのは悩みの種でもある。

 そこで航空券については、航空会社のWebサイトでいきなり検索するのではなく、米Googleの「Google Flights)、日本語での名称はGoogleフライト検索」という比較サイトを使用している。

 Google Flightsのポイントは、UI(ユーザーインタフェース)が優れているところだ。例えば、シリコンバレーからニューヨークに向かうのであれば、シリコンバレー近郊の主要空港(SFO、SJC、OAKなど)と、ニューヨーク近郊の主要空港であるケネディ国際空港(JFK)やニューアーク・リバティー国際空港(EWR)、ラ・ガーディア空港(LGA)などを結ぶあらゆる航空会社の直行便、経由便を一気に検索できる(写真1)。

写真1●Google Flightsの検索結果
[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「第5回:航空券検索にスマホレンタカー、出張を快適にするサービスを体験」の著者

中田 敦

中田 敦(なかだ・あつし)

シリコンバレー支局

1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。ITproや日経コンピュータを経て、2015年5月からパロアルトに開設したシリコンバレー支局を拠点に、シリコンバレーの最新事情を取材中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック