• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Linuxの扱いはWindows Serverとほぼ同格

Microsoftが対応強化

2017年10月7日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米Microsoftが「Linux」に関する取り組みをますます強化している。同社が2017年9月下旬に米フロリダ州オーランドで開催した「Microsoft Ignite」では、クラウドサービス「Microsoft Azure」におけるLinux対応の強化を発表したほか、10月に出荷する「SQL Server 2017」の最大の機能強化点としてLinuxのサポートをアピールした。

 「Windows Serverや.NET Frameworkに注いできたのと同じ情熱を、Linuxに注いでいる。LinuxはMicrosoft Azureにおける『ファーストクラス』のプラットフォームだ」。Microsoft Azureを統括するコーポレート・バイス・プレジデント、Jason Zander氏は本誌とのインタビューでこう断言した(写真1)。

写真1●米MicrosoftのJason Zander氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「ユーザー企業の『クラウドジャーニー』(クラウドへの移行)を支えるためには、WindowsだけでなくLinuxに対しても、ファーストクラスのエクスペリエンス(体験)を提供する必要がある」(Zander氏)。そう考える現在のMicrosoftにおいては、Linuxの扱いはWindows Serverと「同格」にまで高まったと言えそうだ。

 それを象徴するのが、2017年10月に出荷を開始すると発表したリレーショナルデータベース(RDB)製品の最新版、SQL Server 2017だ。SQL Server 2017は、Windows Serverだけでなく、Linuxやコンテナ仮想化ソフトウエアの「Docker」上でも稼働する。同社のエグゼクティブ・バイス・プレジデントとして「Cloud&Enterpriseグループ」を統括するScott Guthrie氏はMicrosoft Igniteの基調講演で「SQL Serverの歴史における歴史的なマイルストーンだ」と強調した(写真2)。

写真2●米MicrosoftのScott Guthrie氏
[画像のクリックで拡大表示]

SAP HANAの稼働環境としてLinuxを選択

 Microsoft自身がインメモリーDBの稼働に、Windows ServerではなくLinuxを選択するケースまで出てきている。Microsoftは2017年5月に、メモリー容量が最大20テラバイト(TB)という巨大なMicrosoft Azureの「インスタンス」を、欧州SAPのインメモリーDBである「SAP HANA」用に発表している。Zander氏は本誌とのインタビューで、実はこのインスタンスが仮想マシンではなく「OSにLinuxを搭載した物理的なサーバー」であることを明らかにしたのだ。

 Microsoftは2012年からAzureでLinuxを利用可能にしているが、これはあくまでもWindows Serverのハイパーバイザー上で稼働する仮想マシンにLinuxをインストールできるという扱いだった。しかしSAP HANA専用の巨大インスタンスではハイパーバイザーを利用せずに、OSとしてLinuxのみを使用し、Linux上でSAP HANAを稼働させている。物理サーバーのハードウエアもMicrosoftが独自に開発したものだという。

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「Linuxの扱いはWindows Serverとほぼ同格」の著者

中田 敦

中田 敦(なかだ・あつし)

シリコンバレー支局

1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。ITproや日経コンピュータを経て、2015年5月からパロアルトに開設したシリコンバレー支局を拠点に、シリコンバレーの最新事情を取材中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長