• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

配達人に危機? 実用化間近の「出前ロボット」

  • 瀧口 範子

バックナンバー

2016年12月17日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シリコンバレーでは最近、レストランからの出前がぐっと簡単になった。一般人が「ギグエコノミー」の仕組みで配達を担うサービスが多数登場したためだ。しかしこうした配達人がロボットに置き換わる日も遠くなさそうだ。そう、出前配達ロボットの実現だ(写真1)。

写真1●英Starship Technologiesの出前配達ロボット
出典:英Starship Technologies
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボット業界は今、「ラストマイルデリバリー」に熱い視線を注いでいる。「ラストマイル」は通信分野でまず話題になった言葉だが、サービスを巨大なインフラから個人宅にまで届ける最後の「ラストマイル」は、高品質と低コストを両立するのがなかなか難しい。

 デリバリーも同様で、今のように大きな配達トラックが一軒一軒を回る方法は効率が悪いと分かっているのだが、それに代わる方法が無かった。

 そこで、ラストマイルの配達を小さなロボットにやらせれば問題が解決するはずだ、と考えるロボット開発会社がいくつか出てきた。そのうちの1社で、ロンドンに拠点を置く英Starship Technologiesは、既にシリコンバレーで配達ロボットのテスト走行を実施し、先頃はロンドンで初めての食事の出前を行った(写真2)。

写真2●ロンドンを走るStarship Technologiesのロボット
出典:英Starship Technologies
[画像のクリックで拡大表示]

 Starship Technologiesのロボットは、小型スーツケースを横倒しにしたくらいのサイズで、下部に6つの車輪が付いている。上部は蓋付き容器になっていて、出前の食事や小型荷物などを入れられる(写真3)。カメラやセンサーを搭載しており、自律走行して目的地に向かうのだが、用途は物流や出前のラストマイルと特定しているのが特徴だ。

写真3●Starship Technologiesのロボットが商品を届けたところ
出典:英Starship Technologies
[画像のクリックで拡大表示]

 ハンバーガーやピザ、中華料理などはもちろんのこと、オンラインショッピングで注文したスニーカーとか文房具、服なども、もうすぐこのロボットが配達してくれるかもしれない。

コメント3件コメント/レビュー

USも複数階ビルではまだ現在の仕様では機能しないでしょう。EVに乗らせる等の遠隔操作か、ロボットからEVに信号送る等なければ。(2016/12/19 09:09)

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

USも複数階ビルではまだ現在の仕様では機能しないでしょう。EVに乗らせる等の遠隔操作か、ロボットからEVに信号送る等なければ。(2016/12/19 09:09)

 このマシンが移動中に誘拐されないか心配。(2016/12/19 06:35)

このロボットが道を歩いていたら、可愛いだろうね。(2016/12/17 08:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。

岡藤 正広 伊藤忠商事社長