• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「元気が出る」メディアテクノロジー

2015年12月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シリコンバレーには、スタートアップを育成する「アクセラレーター」と呼ばれる企業がいくつもある。ソフトウエア開発やインターネットビジネスだけではなく、今ではハードウエア開発のためのアクセラレーターも登場している。

写真1●米Matterによるデモデイの会場風景

 そうした中で、メディアテクノロジーに関連するスタートアップの支援に特化したアクセラレーターが、サンフランシスコにある米Matterだ。同社が2015年12月9日に、5期生の成果をプレゼンテーションする「デモデー」を開催した(写真1)。

 Matterがスタートアップに提供する支援プログラムは、ほかのアクセラレーターと変わらない。スタートアップに5万ドルの補助金と20週間の時間を与える。支援を受けたスタートアップはその間、ほかのスタートアップと同じ空間で机を並べ、製品なりサービスなりを使える段階、いや客が既に使っているという段階にまで開発する。

 アクセラレーターを卒業する頃には、投資が受けられるくらい魅力的なサービスになっていることが求められている。もちろん、支援を受ける際には厳しい審査があることも、ほかのアクセラレーターと同じである。

 今回のデモデーでは、6社が自社のサービスをプレゼンテーションした。その中で興味を引かれた数社について簡単に説明しよう。

Redivis:パブリックデータをビジュアル化

 世界中のパブリックデータを集め、それをビジュアル化するためのツールを提供し、データのまわりにコミュニティーを作ろうというのは、Redivis(レディヴィス)というスタートアップだ。例えば、政府が発表しているデータ、調査会社が公開しているデータ、研究論文で使われたデータなど、世界には無数のデータがある。そうしたデータはビジュアル化することで、数字だけでは分からない事象が見えてくることもあるだろう。

 Redivisは、そうしたデータのオープンソースリポジトリ(格納場所)やビジュアル化のプラットフォームを提供する。そうすることでいろいろな人々がデータに簡単にアクセスしたり、データを見栄え良く加工したりできるようにする。データとデータの関係性もここから発見できるかもしれない。

 Redivisのプラットフォームは、研究者、ジャーナリスト、アクティビストを対象に開発したもので、既にスタンフォード大学の医学部が利用しているという。通常ならばデータサイエンティストに頼むようなことが、このプラットフォームである程度までできる仕組みだ。

Metta:VRビデオの共有サイト

 Metta(メッタ)というスタートアップは、ユーザーが撮ったバーチャルリアリティー(VR)のビデオを集めるサイトを作った。写真やビデオをアップして今日の出来事などを仲間に伝えるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ならたくさんあるが、MettaはこれをVRだけでやる。

コメント0

「シリコンバレーNext」のバックナンバー

一覧

「「元気が出る」メディアテクノロジー」の著者

瀧口 範子

瀧口 範子(たきぐち・のりこ)

ジャーナリスト

シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、社会、文化、時事問題、建築、デザインなどを幅広く日本のメディアに寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トヨタ生産システムでは問題が出て当たり前なんですよ。

友山 茂樹 トヨタ自動車専務役員