• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【2014年優秀賞】若き職人が作るワクワクする車椅子

WHILL CEO 杉江理氏

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2015年7月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経BP社では、2015年11月上旬に「第14回 日本イノベーター大賞」を発表します。グローバル競争が激しさを増す中、さらなる成長を手に入れるには、常識を打ち破るイノベーションが欠かせません。日本イノベーター大賞は、日本の明日を担う独創的な事業家や技術者などから、特に優れた人を選んで表彰するものです。未知の分野に挑み、独創的な活動をされている方を、読者の皆様からご推薦いただきたいと思います(募集要項、応募フォームは こちら)。

 日経ビジネスオンラインでは、2014年に大賞、優秀賞、特別賞を受賞した方々を4回に分けて紹介します(本記事は2014年11月24日号の特集に掲載したものです。肩書きなどは当時のまま)。第2回は、優秀賞を受賞したWHILL CEO(最高経営責任者)の杉江理氏です。杉江氏は、斬新なデザインと機動性で電動車椅子の常識を覆しました。

杉江 理(すぎえ・さとし)WHILL CEO(写真右)
1982年静岡県生まれ。立命館大学を卒業後、デザインの専門学校に通って日産自動車へ。2009年に退職して中国南京で1年間日本語教師。2011年の東京モーターショーでWHILLのコンセプトモデルを出展。反響が大きく2012年、WHILLを設立し、CEOに就任。
(写真:林 幸一郎)

 今年9月、電動車椅子の常識を覆す乗り物が日米で発売された。斬新なデザインと砂利道も走れる機動性が売りの「WHILL(ウィル) Type-A」だ。2014年度に250台の販売を見込み、来年には台湾での量産も始まる。安全性が重視されるため、スタートアップには向かないと言われてきた乗り物作り。実現したのはWHILLのCEO(最高経営責任者)、杉江理の強い意思だ。(以下敬称略)

 ミソバターコーンラーメンは格別にうまかった。今年9月のある晩、米カリフォルニア州サンマテオ。行きつけのラーメン屋でスマートフォンをいじっていた杉江理は、1本のブログ記事に釘付けになった。タイトルは「200m先のコンビニに行く」。日本と米国で発売したばかりの「WHILL Type-A」を最初に注文した大塚訓平が、納車4日後の9月14日に投稿した記事だ。

 宇都宮市の自宅からコンビニまでWHILLに乗って出かける大塚はいつも以上に格好良く見えた。「俺、間違ってないんだな」。無我夢中でWHILLを作ってきた2年間が報われた気がした。

 2012年5月、杉江はCDO(最高開発責任者)の内藤淳平やCTO(最高技術責任者)の福岡宗明と共同で、株式会社WHILLを設立した。

 決起集会もなければ、投資家をうならすビジネスプランがあったわけでもない。ただ、「これが本当に作れたらすごい」という思いと「やる」という覚悟だけは、誰に聞かれても「あります」と自信をもって答えられた。

 それだけ、前年の東京モーターショーに有志で出展したWHILLのコンセプトモデルは、想像を超える反響を呼んだ。課外活動のノリだった杉江らに対し、「障害のある息子に買いたい」と、はるばる大阪から訪ねてきた父親がいた。車椅子会社オーエックスエンジニアリング創業者の故・石井重行からは「ふざけるな、遊びでやるな、裏切るな」と石井流のエールを送られた。

 自己満足の「作品」ではなく利用者に届く「商品」を、本気で作らない理由がなくなっていた。

コメント0

「2015年日本イノベーター大賞」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長