• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

暫定憲法第1章「大島ノ統治権ハ島民ニ在リ」

1946年1月、GHQが「日本から分離」を命じた伊豆大島で

2017年2月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大島暫定憲法。日本からの分離を突如言い渡された村人たちが自らの手で作り上げた

 改正が議論されるようになり、自民党が改正草案を公表し、また、施行70年という節目を迎え注目度が上がっている日本国憲法。日本で義務教育を受けた人なら、国民主権、戦争放棄、基本的人権の尊重をうたったものであることはよくご存じのはず。

 その第1条にはこうある。

 〈天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。〉

 象徴天皇と国民主権を述べたものだ。だが、この日本国憲法が公布される9か月も前に、日本のある地域で作られた暫定憲法に、こんな一文が記されていた。

 〈大島ノ統治権ハ島民二在リ〉

6人の村長とお茶屋の主人と船大工と

 つまり、島民主権。ここでいう大島とは、伊豆大島だ。ある暫定憲法とは、伊豆大島とその周辺で使われたかもしれなかった憲法のことだ。

伊豆大島

 1946年1月29日、GHQは北方領土や小笠原諸島と同様に、伊豆諸島を日本から行政分離することを命じていた。驚いたのはその地域の住民たち。伊豆諸島の大島でも、即座に6つの村の代表が集まり、話し合いが持たれた。日本から独立して、どうやって暮らしていけばいいのか。

 治安は悪化し、食糧難にも陥った中で、島民たちが始めたのは、独自の憲法を作ることだった。生きていくのがやっとという混乱期に、なぜ彼らは、憲法にこだわったのか?

 地元で大島暫定憲法の研究を続ける中田保は、当時の人たちは、これを理想とするという目標がほしかったのではないかという。

大島在住の中田保は、幻に秘められた島民の情熱に思いをはせる

 「だってゼロからスタートするんだもん、言ってみれば」

 制定に関わったのは、元村村長の柳瀬善之助をはじめとする6つの村の村長のほか、敬虔なクリスチャンである御茶屋の主人・高木久太郎や、人望の厚い船大工・雨宮政治郎。そこに法律の専門家はいない。

コメント2

「時効スクープ ~今だから、聞けた」のバックナンバー

一覧

「暫定憲法第1章「大島ノ統治権ハ島民ニ在リ」」の著者

久保 健一

久保 健一(くぼ・けんいち)

NHK プロデューサー

1972年、千葉生まれ。平成9年NHK入局。「プロジェクトX~挑戦者たち~」「プロフェッショナル仕事の流儀」などの制作に携わる。現在、NHKエデュケーショナルにて「アナザーストーリーズ~運命の分岐点~」や「世界入りにくい居酒屋」などを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック