• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マリリン・モンローは反逆がお好き

3つの“常識”に戦いを挑んだ女優の強さに迫る

2016年3月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 Dumb blonde(ダム・ブロンド)とは、見た目は良くても中身は空っぽな金髪女性を揶揄する言葉だ。生前のマリリン・モンローは、そのダム・ブロンドの代名詞だった。「シャネルの5番」発言や、36歳という若さでの謎めいた死は、そこにミステリアスな雰囲気をまとわせる。

 誰もが名前と顔を知るマリリン・モンローとは、どんな女優だったのか。

「キスは3秒まで」見せかけの規制に反旗

 今回、『アナザーストーリーズ』取材班が、普段はスタジオにいる真木よう子と共に再発見した彼女は、「禁欲的な社会」「ハリウッド」「愛」の常識に反逆することをためらわない強さを持つ女性だった。

ハリウッド・チャイニーズシアターにほど近いハリウッドスターの壁の前で

 『ナイアガラ』で準主役、『紳士は金髪がお好き』でヒロインを演じた1953年、彼女のヌード写真の存在が明らかになった。子供の頃から憧れていた映画女優になれたはものの、巡ってくるのは端役ばかりだったころ、生活のため、わずか50ドルのギャラで撮らせたものだった。

 当時、1950年代のハリウッドは今とは比べようもないくらいに保守的だった。政府や宗教団体から咎められることのないよう「キスは3秒まで」「セリフに“バージン”という言葉はNG」など、いくつもの自主規制を設けていたのだ。

 そのご時世に、ヌードになったことのある女優を登用するなどもってのほか。マリリンと契約していた映画会社は彼女に対し、ヌードは赤の他人であると言い張るようにと求めた。

 ところがそれにマリリンは反旗を翻す。取材であの写真が自分自身であるかを尋ねられ、あっさりとそれを認めた。

 その瞬間、映画会社は世間からの反発と彼女の女優生命の終わりを予感したが、現実はそうはならなかった。マリリンの素直なカミングアウトは多くの人の共感を呼んだのだ。

コメント0

「時効スクープ ~今だから、聞けた」のバックナンバー

一覧

「マリリン・モンローは反逆がお好き」の著者

河瀬 大作

河瀬 大作(かわせ・だいさく)

NHK番組制作プロデューサー

1993年、名古屋大学大学院文学研究科修了後、NHK入局、ディレクターとして『プロフェッショナル 仕事の流儀』『NHKスペシャル』などを制作。現在、プロデューサーとして幅広く活躍している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック