• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1967年、ウルトラセブンは何と戦ったのか

宇宙開発とベトナム戦争と若者たちが生み出した物語

2016年7月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ウルトラマンシリーズで異彩を放つウルトラセブン(c)円谷プロ

 今年、2016年は、ウルトラマンシリーズの放送が始まって50年という記念すべき年だ。NHKでは7月9日土曜20時から、BSプレミアムで「祝 ウルトラマン 50 乱入LIVE!怪獣大感謝祭」を放送する。ウルトラマンのハヤタ隊員(黒部進)、ウルトラセブンのモロボシ・ダン(森次晃嗣)、帰ってきたウルトラマンの郷秀樹(団時朗)、ウルトラマンコスモスの春野ムサシ(杉浦太陽)など、錚々たるメンバーが顔を揃え、3時間、生放送を行う。

 それに先駆ける格好で、7月6日水曜日放送の「アナザーストーリーズ」(NHK BSプレミアム、21時から)では、ウルトラマンシリーズからヒーローをひとり取り上げる。初代のウルトラマンではなく、ウルトラセブンだ。

なぜ恐れられ、なぜ愛されたのか

 番組制作にあたって行った街頭インタビューでは「ウルトラマンシリーズではウルトラセブンが一番好き」という人に何人も出会った。

 この連載を河瀬大作から引き継いだ久保健一は1972年生まれ。子供の頃はウルトラマンシリーズに夢中になっていたが、ウルトラセブンだけは「怖かった」。

 なぜウルトラセブンは久保少年から恐れられ、2016年に街頭インタビューに答える大人たちから好かれているのか。番組ではその謎解きを行っている。

 1967年、ウルトラセブンに先行する大人気シリーズ「ウルトラマン」は、怪獣ブームを盛り上げ、42.8%もの視聴率をたたき出していた。しかし、制作時間のやりくりが難しくなったことから9カ月間で放送を終えることになってしまう。それを受けて制作が始まったのがウルトラセブンだった。

 ウルトラセブンは若者による番組だ。

 メイン監督の満田かずほが29歳、メインライターの金城哲夫が28歳、脚本家の市川森一が26歳。美術デザイナーの池谷仙克は26歳、光学撮影の中野稔は27歳。劇中歌の作曲を担当した冬木透は32歳。キャストの側も、モロボシ・ダン役の森次晃嗣は24歳の新人、アンヌ隊員役のひし美ゆり子は20歳の新人だった。子ども向けの番組なのにアンヌ隊員の衣装が体にフィットしすぎていたのは、彼女が急遽決まった代役だったからだ。

モロボシ・ダンとアンヌ隊員、満田かずほ監督(c)円谷プロ

コメント3件コメント/レビュー

小学生低学年でリアルタイムに見ていた親父です。
たぶん、当時は、ドラマ性やメッセージ性などは理解できていなかったと思います。
記憶にあるのは、とにかく、カッコよさ、カッコいい、と思ってみていたことです。
ホーク号のアイディア、ポインター等のデザイン、サンダーバード風の出動シーケンス、メガネで変身、制服、敵が宇宙人、アンヌ隊員のかわいさ、男性コーラスの音楽、などなど・・とにかくカッコよくて斬新でオシャレで、やたらにそれらの絵を書いていたのを思い出します。
のちに再放送で見たりして、ストーリーに関心したと思います。
その後のウルトラマンシリーズも何作か見ましたが、何故か、セブンを超えるカッコよさを感じられませんでした。(2016/09/15 17:07)

「時効スクープ ~今だから、聞けた」のバックナンバー

一覧

「1967年、ウルトラセブンは何と戦ったのか」の著者

久保 健一

久保 健一(くぼ・けんいち)

NHK プロデューサー

1972年、千葉生まれ。平成9年NHK入局。「プロジェクトX~挑戦者たち~」「プロフェッショナル仕事の流儀」などの制作に携わる。現在、NHKエデュケーショナルにて「アナザーストーリーズ~運命の分岐点~」や「世界入りにくい居酒屋」などを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小学生低学年でリアルタイムに見ていた親父です。
たぶん、当時は、ドラマ性やメッセージ性などは理解できていなかったと思います。
記憶にあるのは、とにかく、カッコよさ、カッコいい、と思ってみていたことです。
ホーク号のアイディア、ポインター等のデザイン、サンダーバード風の出動シーケンス、メガネで変身、制服、敵が宇宙人、アンヌ隊員のかわいさ、男性コーラスの音楽、などなど・・とにかくカッコよくて斬新でオシャレで、やたらにそれらの絵を書いていたのを思い出します。
のちに再放送で見たりして、ストーリーに関心したと思います。
その後のウルトラマンシリーズも何作か見ましたが、何故か、セブンを超えるカッコよさを感じられませんでした。(2016/09/15 17:07)

ウルトラセブンは本放送時には生まれていたけれど「再放送組」なので、上の世代が何を考えていたのか分からないけれど。脚本だけではなく、映像も細かいところでこだわっていたので、先行していたウルトラマンや後続するシリーズとは一線を画している印象を与えているのだと思う。当初は白黒でしか見ていなかったけど、カラーで見直した時の印象の強さと言ったら・・・。ウルトラマンで多用されていたコミカルな面も抑え、ハード路線で攻めていたのがよかったのだろうと思う。ストーリーの裏にある事項なんて、小学校に入る前の子供にわかるわけない。こちらは、大人になって見返したからこそわかることだろう。(2016/07/06 23:22)

本文で美術担当としては池谷氏しか名前が挙げられていませんが、宇宙人の例として上げられているメトロン星人は、シリーズ前半で美術を担当した成田亨氏の作品です。シリーズ全体を通してのデザインコンセプトとして説明しているのでしょうが、ここではペロリンガ星人など池谷氏がデザインした宇宙人の例を挙げた方が適切であるように思います。(2016/07/06 09:15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長