• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チェルノブイリ、29年後の真実

プラウダの声は博物館でひっそり待っていた

2015年7月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

史上最悪の原発事故が起きたチェルノブイリ原子力発電所

 誰もがチェルノブイリという地名を知っているのはあの事故のせいだ。モスクワから約700キロ離れたところにあるその原子力発電所は、現地時間の1986年4月26日深夜1時23分に爆発した。

 ただ、それが29年前の出来事であるという事実を差し引いても、リアルタイムにその発生を知った人はいないはずだ。事故は発生からしばらくしてから報じられ、いつの間にかヨーロッパなどで「汚染された牛乳は飲まない方がいい」とされ、そしていつの間にかそれをいう人はいなくなった。

 NHKのBSプレミアムで水曜夜9時から放送される「アナザーストーリーズ」では、7月29日にこのチェルノブイリ原発事故を取り上げる。

「あれから29年の間、我々日本人はいろいろな経験をしました。当時と今とでは、あの事故のとらえ方が変わっていますから、もう一度調べてみたい、知ってみたいと考えました。ただ、古い出来事なので、新事実を見つけるのは、難しいかもしれないとも思っていました」

 チーフプロデューサーの河瀬大作は意図をそう語る。ところが、今回の取材を通じて、期待していなかった“公開済み”のスクープをものにすることになる。

火事はアスファルトで封じ込めろ

 あの事故以前のチェルノブイリ原発にはすでに、事故を隠蔽した「実績」があった。数年前、ずっと規模の小さな事故が起きたときには、その事実は隠し通された。原発から約3キロの距離にある原発作業員が多く暮らしていた街・プリピャチでは、大手を振っての除染ができない中、アスファルトで町中を舗装し直すという力業で放射性物質を封じ込めた。

 だから当然、チェルノブイリ原発の所長は86年4月26日のその事故も隠蔽するつもりでいた。非常用システムの試験に失敗し、建屋もろとも原子炉が吹っ飛んでもそれを火事だと言い張り、プリピャチの街にもそのように報告したのだ。その試験は、時間的な焦りから、決められた手順を無視して行われたものだった。

コメント0

「時効スクープ ~今だから、聞けた」のバックナンバー

一覧

「チェルノブイリ、29年後の真実」の著者

河瀬 大作

河瀬 大作(かわせ・だいさく)

NHK番組制作プロデューサー

1993年、名古屋大学大学院文学研究科修了後、NHK入局、ディレクターとして『プロフェッショナル 仕事の流儀』『NHKスペシャル』などを制作。現在、プロデューサーとして幅広く活躍している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック