• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トリプルアクセルと3人の女王

伊藤みどり、荒川静香、浅田真央を結ぶ線

2015年8月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

現役続行を発表、再始動した浅田真央。伊藤みどりのトリプルアクセルに魅せられ、跳び続ける彼女に、平昌の女神は微笑むか

 浅田真央が、2014年のソチ五輪以降遠ざかっていた競技の舞台に向け、再始動している。

「8月5日の放送では、その浅田真央と伊藤みどり、荒川静香の各選手と、トリプルアクセルについて取り上げます。彼女たちは、日本に3人しかいない女子フィギュアスケートのオリンピックメダリストなんです」

 3人は、1969年生まれ、1981年生まれ、1990年生まれと世代が異なるが、彼女たちをつなぐもののひとつがオリンピックのメダルであり、もうひとつがトリプルアクセルなのだ。

宿命のジャンプ、トリプルアクセル

 1992年のアルベールビル五輪銀メダリスト・伊藤と、2010年のバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田は、決戦の舞台でトリプルアクセルを跳んでいる。現時点で、五輪でトリプルアクセルに挑んだ女子選手はこの2人だけ。2006年のトリノ五輪金メダリストの荒川は、トリプルアクセルを跳ぶことなく五輪女王となった。しかし、彼女もトリプルアクセルと無縁とは言えない。

「といった一連のことを、僕は、番組で取り上げると決めるまではっきりと意識していたわけではないんです。でも、ディレクターから最初のプレゼンを受けた時、トリプルアクセルが持っている特別な“何か”が面白いと思ったんです」

 「アナザーストーリーズ」のチーフプロデューサーの河瀬大作はそう語る。NHKだからこそできる、ハイビジョンで撮影した映像を駆使したトリプルアクセルの解説などは、フィギュアファンにも楽しめるつくりになっている。が、アナザーストーリーズは技術解説番組ではない。

わずか1秒足らずの間に空中で3回転半する大技「トリプルアクセル」。1992年アルベールビルオリンピックで伊藤みどりが跳んだ瞬間、女子フィギュアスケートには新たな地平が開いた

コメント0

「時効スクープ ~今だから、聞けた」のバックナンバー

一覧

「トリプルアクセルと3人の女王」の著者

河瀬 大作

河瀬 大作(かわせ・だいさく)

NHK番組制作プロデューサー

1993年、名古屋大学大学院文学研究科修了後、NHK入局、ディレクターとして『プロフェッショナル 仕事の流儀』『NHKスペシャル』などを制作。現在、プロデューサーとして幅広く活躍している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長