• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スティーブ・ジョブズを「ペテン師」と呼ぶ男

強烈に生き抜いたカリスマの“実像”

2016年10月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スティーブ・ジョブズ、スタンフォード大学卒業式でのスピーチ

 スティーブ・ジョブズ。iMac、iPod、iPhoneなどを世に送り出し、人々を魅了し続けた男が逝って5年。カリスマを失ったアップルは業績の如何にかかわらず、「ジョブズのいないアップル」として不安の目を向け続けられることになった。亡き後もなお、その存在感は衰えることを知らない。

 生前のジョブズは新製品を発表するたび、聴衆を前に自信たっぷりに語った。彼がつくった製品がいかに革新的か、いかにその後の世界を変えるのか。

 人々は彼の言葉に頷き、発売日には一刻も早く手にしたいと長蛇の列を作った。その言葉は、聴く者たちの心を揺さぶり、行動を起こさせる力を持っていた。

“Stay hungry, Stay foolish”

 そのジョブズの最も有名な演説は、2005年6月12日のものだろう。

 “Stay hungry, Stay foolish”

 若き日のジョブズの心を捉えたその言葉で締めくくられたスタンフォード大学卒業式でのスピーチには、3つのテーマ「点と点をつなぐ」「愛と喪失」「死」があった。

 成功者のスピーチに耳を傾けていた人々の多くは、その輝かしい成功譚が語られることを予想し、裏切られた。しかし、それは落胆とはならなかった。

 式に出席していた卒業生のひとりは言う。

 「本当に感動したよ。成功者の彼だって、僕らと同じ人間なんだと感じたんだ」

 当時50歳のジョブズが2万人の聴衆を前に行ったスピーチは、10年後の今も人々の心を放さず、スタンフォード大学の公式映像の再生回数は2500万回を超え、ユーチューブなどにアップされた動画を合わせれば1億回を超える。人々はいまなお繰り返し耳を傾け、そこから何かを感じ取ろうとしている。

 さて、かつてジョブズと一緒に仕事をしていた人たちは、どう聞いたのか。

 ある男は、こう答えた。

 「あれは最高のスピーチだよ。あれ以上のものはないね」

 ある男は、こう答えた。

 「あいつはペテン師だ。みんな騙されているんだよ」

コメント2件コメント/レビュー

そうかもしれない。カリスマ経営者の周りの人間は我侭を受け入れ、駄目だしされ本当に大変だ。アップルは決して技術的に優れたものを開発してきたわけではなく、ありものの技術で自分の美しさの信念に基づいて昇華し、如何に人々の感性をリードし続ける存在になれるかが付加価値となる企業である。その審美眼を失った会社が再浮上することは無いだろう。(2016/10/11 16:40)

オススメ情報

「時効スクープ ~今だから、聞けた」のバックナンバー

一覧

「スティーブ・ジョブズを「ペテン師」と呼ぶ男」の著者

久保 健一

久保 健一(くぼ・けんいち)

NHK プロデューサー

1972年、千葉生まれ。平成9年NHK入局。「プロジェクトX~挑戦者たち~」「プロフェッショナル仕事の流儀」などの制作に携わる。現在、NHKエデュケーショナルにて「アナザーストーリーズ~運命の分岐点~」や「世界入りにくい居酒屋」などを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そうかもしれない。カリスマ経営者の周りの人間は我侭を受け入れ、駄目だしされ本当に大変だ。アップルは決して技術的に優れたものを開発してきたわけではなく、ありものの技術で自分の美しさの信念に基づいて昇華し、如何に人々の感性をリードし続ける存在になれるかが付加価値となる企業である。その審美眼を失った会社が再浮上することは無いだろう。(2016/10/11 16:40)

「林檎の木の下で」という本では、
【日本への人種差別丸出し】のジョブズの姿が見えて、非常に面白い。
それを象徴するのが、ジョブズが初代マッキントッシュを日本語化する許可を出さなかった際の一言
【おまえはアップルの技術を日本人に売り渡す気か!】
最初にアップルⅡを見出し、日本に売り出すのに必死に奔走したESDの水島さんの
ジョブズへの恨み節も最高です。
曰く「ジョブズの口から、一度たりとも、【sorry】の一言が無かった」と。
ジョブズという人間は、
【パパやママから謝罪のやり方を教わらなかった】のでしょうか?(2016/10/11 12:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授