• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

瀬戸内寂聴から考えた子宮頸がんワクチン

<ワクチンの処方箋・その1>

2015年10月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:ロイター/アフロ)

 僧侶で作家の瀬戸内寂聴さんが去る10月11日、がんの闘病生活を経て1年5カ月ぶりに「青空説法」をしたというニュースを見ました。93歳の寂聴さんが、安保法制に反対する若者を念頭に「若さとは恋と革命よ」と言ったとして、その健在ぶりを称賛する報道もありました。

 私を含め、多くの人は寂聴さんのエネルギーに圧倒され、その気力に感服することでしょう。年齢を抜きにしてもあのパワーは尋常じゃありません。病み上がりだというのにその姿を見るだけで、そして「恋と革命」という言葉を聞くだけで明るい気持ちになります。

 しかし、この人を語る時にいつもセットになってくるのが、彼女の出家前の「性」の問題です。寂聴さんの代表作は、妻子ある年上の売れない作家との不倫関係と情熱的な年下男性との恋愛関係に苦悩する自らの姿を描いた『夏の終り』(1963年)。私生活を売りものにして名を立てることはもはや珍しくもなんともありませんが、その後「子宮作家」とも呼ばれることになった寂聴さんはそうやって世に出た女性の走りでしょう。

 「性を背負った人間」というキャラクターが僧侶としての寂聴さんの魅力でもあり、『夏の終り』が超一級の恋愛小説であることには間違いありません。しかし、女性が幼い娘を捨てて家を出、経済的に自立しながら自らの性を選び取ったというあり方については今でも反感を持つ人が、特に女性に多いのも現実です。

 ちなみに『夏の終り』は私が時々、引っ張り出しては読み返す数少ない小説のひとつですが、読み返す度、文章のうまさと物語の切なさに涙がこぼれそうになります。

 性というのは本来、非常にプライベートな問題です。しかも「女の性」となればなおさらで、だからこそ物議を醸し、売り物にもなります。そのため「女の性」を公の場で科学的に考えなければならないという事態が生じた場合、そこには科学だけでは終われない非常に厄介な問題が立ち現れることがあります。

 日本では現在、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピロマーウイルス)の感染を予防する「子宮頸がんワクチン」の接種が滞っています。定期接種を継続してきたオーストラリア、イギリスなどの諸外国では子宮頸がんワクチンの安全性と劇的効果が既に実証されています。

 しかし、日本では一昨年ころから一部の専門家が「子宮頸がんワクチンは重篤な副作用をもたらす」と大騒ぎを始めました。メディアが科学的検証をしないままそれを報じたこともあり、接種差し控えが進み、一時7割あった接種率は現在、数パーセント。すっかり「危ないワクチン」とのイメージが定着してしまいましたが、先月17日、このワクチンの副反応を検討する厚生労働省の部会が1年2カ月ぶりにやっと再開されました。

コメント8

「Dr.村中璃子の世界は病気で満たされている」のバックナンバー

一覧

「瀬戸内寂聴から考えた子宮頸がんワクチン」の著者

村中 璃子

村中 璃子(むらなか・りこ)

医師・医療ジャーナリスト

一橋大学出身、社会学修士。北海道大学医学部卒。都立高校中退。WHO(世界保健機関)西太平洋地域事務局の新興・再興感染症チーム等を経て、現在、医療問題を中心に執筆中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監