• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東芝現役社員が録音していた「無間地獄」

本誌に持ち込まれた10時間超の音声データを誌上で再現

2015年8月31日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 組織ぐるみで長期間に渡って繰り返されてきた東芝の不正な会計処理。その裏には、実現不可能な業務目標を社員に強要する「チャレンジ」が存在していた。「日経ビジネス」8月31日号の特集「東芝 腐食の原点~社員が本誌に決死の告発」では、壮絶な現場の状況、不正が生まれるに至った経緯を詳報した。

 特集誌面では6人の東芝社員が本誌に打ち明けた「告白」を掲載した(グループ社員やOBも含む)。中でも、調達部門で働く課長(50代前半)の話には胸が揺さぶられた。

 絶えることのない極限の苦しみに苛まれ続けることを、仏教では「無間地獄」と呼ぶ。そう表現するしかないような壮絶な日々が、東芝社内で繰り広げられていたのだ。

 「ぜひ会って話がしたい」

 8月上旬、調達部門で働く課長(50代前半)から、社内で横行するパワハラの実態を告発したいと連絡が入った。指定された場所に出向くと、人目をはばかるようにICレコーダーを手渡された。その課長は、日常的に上司からチャレンジを強要されていた様子をICレコーダーに録音していた。そこには、日本を代表する名門企業で行われていたとは信じられないような、生々しい罵詈雑言が残っていた。録音データを基にその一部を再現する。

東芝現役社員が本誌に提供したICレコーダーには、会議の生々しいやり取りが10時間以上に渡って記録されていた(イラスト:3rdeye)

~~以下は録音データを再現~~

 静まりかえった会議室。資材の調達部門で行われた会議の模様が録音されている。

 課長が報告しているのは、調達のコスト削減目標に関する進捗状況だ。期初にカンパニー社長が出席する会議で目標を掲げる。だが、その目標額は課長が考える現実的な数字に、上司から強要された「チャレンジ分」を上積みしたものだ。達成の見込みはほとんどない。そこで課長は、当初より目標額を低く再設定した計画を作り直し、会議の場で報告していた。

 突然、課長の報告を聞いていた上司が苛立った声を上げた。

 上司:「すぐにそういう風に話をすり替えるから困るんだよ。だましているんでしょ」

 課長:「(当初目標の達成が)できないということでやり直しました」

 課長は焦りから上ずった声で答える。

コメント58件コメント/レビュー

真実はどこになるか、無能な管理職ばかりで誰が何の責任をとるのか、はたしてこれがパワハラといえるのか等々、いろいろな見方考え方はあると思うが、結果として粉飾したのは事実で、こういう歪んだ組織にしてしまった最大の要因はトップにあるのは間違いない。裁判で判決が出るのは粉飾だけかもしれないが、企業としての価値判断は、消費者、株主、取引先等、ステークホルダーがするものだ。私はもう東芝の製品は買わない。(2016/09/07 10:05)

「社員が本誌に決死の告発 東芝 腐食の原点」のバックナンバー

一覧

「東芝現役社員が録音していた「無間地獄」」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

真実はどこになるか、無能な管理職ばかりで誰が何の責任をとるのか、はたしてこれがパワハラといえるのか等々、いろいろな見方考え方はあると思うが、結果として粉飾したのは事実で、こういう歪んだ組織にしてしまった最大の要因はトップにあるのは間違いない。裁判で判決が出るのは粉飾だけかもしれないが、企業としての価値判断は、消費者、株主、取引先等、ステークホルダーがするものだ。私はもう東芝の製品は買わない。(2016/09/07 10:05)

「ん?1年前の記事がアクセスランキングに上がっている?」という事で読みましたが…
これって後は上司の人が課長に向かって「君もいい加減、現状維持バイアスを外したまえ!」と一喝すれば、まんま「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のやりとりじゃないですか(笑)ああいうのを連載しているNBOがこの件を問題視するのは欺瞞じゃないのかな。(2016/09/02 17:44)

ある程度、チャレンジした目標を設定するのは普通だと思うが、ニッチもさっちもいかなくなった段階で目標に達成しないことを叱責しても手遅れでしょう。

施策も最初の計画時に設定しないと結果が出るときに確認しても意味が無い。
経営は計画時に設定した施策が計画通りに行われているかを管理するもの。その結果が出ないということは現場の問題では無く、経営の問題であるはず。

最後の数字が出たところで施策を持って来いっておかしな話じゃないんですかね?

で、期待した数字に達しないので、上が許してくれないから財務をいじってさも達成したかのように見せる。
未必の故意だったのかもしれませんが、全て経営者の責任だと思いますよ。(2016/09/01 13:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長