• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

健気なお年寄りがひどい目に遭うニッポン

高齢弱者を狙い撃ちする“外道犯罪”の実態

2015年9月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「どうせ頭が悪いから詐欺に引っかかったんだろう。自己責任だ」「老人はお金をたんまりと蓄えているのだから、多少はいいんじゃない」

 高齢者を狙い撃ちする「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)」。社会問題としてクローズアップされる反面、被害者に対する世間の目は厳しいのが現実だ。特に、若い世代には「自業自得」だと突き放した意見を持っている者が少なくない。

 自分たちが将来受け取るであろう年金は、今の高齢者の受給水準から大幅に下がることは確実だ。そんな世代間格差に対する詮方ない不満が、高齢世代への冷ややかな攻撃性の根底にあるのだろう。そうした世相が影響しているからか、近年、オレオレ詐欺の被害者が親族からの冷たい目に晒され、羞恥心や生活困窮から自殺するケースすら起きている。

 オレオレ詐欺を含む特殊詐欺の被害件数は、昨年だけで過去最悪となる559億円に上った。だが、数字の裏に隠れた「実態」に目を向けて欲しい。記者は2015年9月14日号特集「あなたに迫る 老後ミゼラブル」を通じ、オレオレ詐欺の被害者数人を取材した。いずれも、「自業自得」と放擲するには、余りにも弱々しく、ささやかに生きる健気な方ばかりだった。

 そんな一人が、米沢まさ子さん(83歳、仮名)だ。東京都多摩市内の最寄り駅から少し離れた閑静な住宅街の中で、場違いにぽっかりと残る、古びた市営住宅の1LDKに一人で住んでいる。

 米沢さんが被害に遭ったのは今年5月中旬のこと。犯人グループに、計430万円をだまし取られた。

「消費者センターの者ですが…」

 「消費者センターの者ですが、調べていることがあって米沢さんに電話しました」

自宅にかかってきた電話が悲劇の始まりだった

 5月14日午前、1本の電話を受けた。消費者センターは以前、健康器具のクーリングオフについて相談に乗ってもらったことがある。その時点では、家に電話がかかってきてもおかしくない相手だと、特に不審に思わなかった。

 話の続きを聞くと、「東日本大震災の被災地支援として、あなたの代わりに3000万円を寄付した人がいる。その人に連絡をとってほしい」と告げられた。米沢さんは以前、被災地支援で30万円を個人的に寄付していた。その話と混同しているのではないか、そう思った。

 その後、弁護士、そして代わりに寄付をしたという男性から立て続けに電話がかかってきた。要件は「立て替えた3000万円のうち1000万円分だけでも返してほしい」という内容だった。

コメント45件コメント/レビュー

こういう詐欺事件の報道があると(私も含めて)、「どうしてそんな手口に引っかかるかね。ちょっと考えれば詐欺だってわかるじゃん」という意見・感想が噴出しますね。    しかし、60そこらならともかく、80歳過ぎれば耳は衰えて、肉親の声かどうか聞き分けられなくなるし、何よりも判断力も衰える。気も弱くなり、ちょっと強く出られれば逆らえなくなってしまうものです。    誰もが判断力が鈍った高齢独居老人になるものだという前提で、社会全体で対策を考えル必要があります。  そしてその対策は単に詐欺への厳罰化やリテラシーの向上策だけではだめで、高齢世帯が気軽に相談できる体制、助言を受けられる体制が必要だと思います(2015/12/01 17:18)

「あなたに迫る 老後ミゼラブル」のバックナンバー

一覧

「健気なお年寄りがひどい目に遭うニッポン」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こういう詐欺事件の報道があると(私も含めて)、「どうしてそんな手口に引っかかるかね。ちょっと考えれば詐欺だってわかるじゃん」という意見・感想が噴出しますね。    しかし、60そこらならともかく、80歳過ぎれば耳は衰えて、肉親の声かどうか聞き分けられなくなるし、何よりも判断力も衰える。気も弱くなり、ちょっと強く出られれば逆らえなくなってしまうものです。    誰もが判断力が鈍った高齢独居老人になるものだという前提で、社会全体で対策を考えル必要があります。  そしてその対策は単に詐欺への厳罰化やリテラシーの向上策だけではだめで、高齢世帯が気軽に相談できる体制、助言を受けられる体制が必要だと思います(2015/12/01 17:18)

「確り者」を自任する私の90代の母親もあと一歩のところで振り込め詐欺に合うところだった。銀行のATMの前まで行ったところで市内に住む長男に連絡してストップが掛かった。これは「オレオレ」ではなく、NTTを名乗る男からの電話で、料金引き落としを間違ったので返金したい、という電話に引っかかった。振込詐欺も手を変え品をかえてアタックしてくるので、新しい手口がテレビ等で紹介、啓発される前の段階だと引っかかり易い。世の中では一人の人が1千万円以上の金を振り込んでしまうという信じ難い事が現実に起こっているという。私の母親はそれ程の資産家ではないが、それでも何百万円程度の預金はある。特に「返金したい」とか「当選しました」と言われると、貰えるものと思って引っかかってしまうのだと思う。だからケチケチしているだけでは振り込め詐欺の防止にはならない。あらゆる入出金依頼には罠があると思って、出来ればインターネット程度はこなせる信頼できる人に相談するのが一番良い。相談できる人がいない場合は消費者センターなどの相談できる窓口を使うか、田舎であれば近所の駐在さんに相談するのも良いだろう。自分一人で判断しない事が肝要だ。(2015/09/23 20:23)

良し悪しは別にして家族が年寄りの面倒を見る社会ではなくなってきたので、公的制度として、お年寄りの経済を管理する後見人を設けるしかないのかも知れません(もちろん、そういう制度下でも家族が後見人になる場合が多いでしょうが)。運転免許のように、何らかの試験を定期的に課して、試験の点数に依って、要後見かどうかを判定するという。■ 世間の意見が自己責任論に偏ってしまうのは、ある意味で、仕方がないとも言えます。自分がこのような被害に合うことを想像するのが非常に難しい人が「世間」の大多数ですから。それは、お年寄りの能力が人に依って余りに大きく違うため「◯◯歳以上は後見人が必要」というような常識が形成されないからなのかも知れません。幼児だったら、そのほぼ全員の社会的能力が不足しているのことは常識です。ですから、保護者が社会・経済活動を代行します。しかし、お年寄りは、人によって知的能力が違いすぎます。いくら体力が落ちた90歳でも、このような詐欺を即座に見抜ける知的能力をもったお年寄りはいくらでもいるでしょう。(2015/09/22 16:49)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長