• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人事部は学生に“本音”で話せ!

  • 日経BP出版局

バックナンバー

2015年9月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

新卒採用の茶番はなぜなくならないのか。企業も学生も、口にするのはキレイ事ばかり。「ネットがこの状況を加速させた」と言うのは『内定童貞』の著者であるウェブ編集者の中川淳一郎さん。『面接で泣いていた落ちこぼれ就活生が半年でテレビの女子アナに内定した理由』の著者である就活アドバイザーの霜田明寛さんと、本音で語ってもらいました。

霜田さんは就活アドバイザーとして、アナウンサー試験を受ける学生を指導することも多いそうですが、その場合のテレビ局の面接ってどんな感じなんですか?

霜田:テレビ局って、わりと自由なんですよ。ちょっとくらいふざけてもいい。「私はエッチなんです」って言って内定をもらった女子大生もいました(笑)。それはもちろん、「好奇心旺盛ですよ」っていうアピールなんですけれども。ただ、そんなふうに自由なのは総合職で、アナウンサーは違うんです。やっぱり、局を代表する仕事で、失言もしてはいけないですから。

中川淳一郎氏(左)と霜田明寛氏(写真:大槻純一、以下同)

総合職だったら、「ちーっす」みたいなチャラい雰囲気でもいいかもしれませんけど、アナウンサーだったら言葉遣いなどちゃんとしていないと。

霜田:言葉遣いはもちろんちゃんとしていないと。でも、キレイ事ばかりいう人も面白くないですから。女子だったら、誰かに下ネタを振られても笑顔で切り返したり。自分から下ネタを言うのはあまりよくないですけど。

中川さんが書かれた『内定童貞』にも、「エッチが好きで~す」と言って内定した東大生の話が出てきますね。

中川:彼はオレより年上だけれども、本当にエロい事が好きだったみたいだね。もちろん、人間的な魅力があったわけだけれども。こうした極端な例を本に書いたのは、就活っていうと何かと「いい人ぶる」でしょう。学生も企業も、聖人君子になろうとする。そうじゃなくて、人間ってもっと私利私欲にまみれた存在だよね。

就活ではなぜか「いい人ごっこ」になる

内定童貞』中川淳一郎著

霜田:「自分をよく見せよう」とすると、疲れ果ててしまいますよね。

中川:それで就活に失敗して自殺しちゃあだめですよ。第一志望に入れなくたって、それで人生が終わるわけでもないし。第二志望でもいいじゃないですか。人生における単なる軌道修正ですよ。

霜田:完璧な人なんていないっていうのは、企業の側だってわかっているんだから、もっと自分の本音をさらけだしていいと思いますね。弱いところを見せることで、相手に信頼してもらえる。

 『面接で泣いていた落ちこぼれ就活生が半年でテレビの女子アナに内定した理由』という長いタイトルの本に書いたのですが、僕が指導していた女子大生が、ある地方局のアナウンサーの最終面接で、最初に「自己アピールをお願いします」と言われて、いきなり「私にはアピールするところがありません」って言いながら泣き出しちゃったんです。

中川:ほぅ。それでどうなったんですか。

霜田:その人はすごく地味な学生だったんですよ。女子アナを志望する人は、ミスキャンパス・コンテストに参加していたり、事務所に所属してタレントとして活動していたりするのに、その人はフェイスブックに自分の写真を一枚もあげていないような感じだった。

 ミスキャン入賞者はみんな仲がよくて、アナウンサー試験の情報もツテがあるから自動的に入ってくる。泣き出しちゃった彼女は、試験の控室で、そんな仲良しグループから「なにあの子」みたいな目で見られてる。それでもがんばって情報を集めて、最終まで残った。

 それで、「アナウンサースクールにも通いましたが、選抜に選ばれなくてやめることになりました。才能がないのかもと思ってあきらめかけましたが、やっぱり人と接するのが好きなので、この仕事がしたいと思っています」と言って、内定したんですよ。

健気ですね。

コメント0

「就活はおわらない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長