• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中目黒 鴨を食べたら 「Na Camo guro」

2015年12月12日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 寒くなりました。
 本州はまだまだですが、北海道のスキー場では先の猛吹雪でイッキに積雪を稼ぎ、遅れていたスキー場開きが漸く行われています。 冬と言えば鴨です。しっかり脂の乗った鴨で、いい頃合いにお燗された日本酒をキュッと飲るのなんざ、この季節だけに許された贅沢であります。

鴨料理専門店の「Na Camo guro(ナカモグロ)」。中目黒で鴨だからナカモグロってあーた

 今回は中目黒にオープンしたばかりの鴨料理専門店、「Na Camo guro」をご紹介しましょう。中目黒にあり、鴨を供するからNa Camo guro(ナカモグロ)……。

 何と申しますか、お正月に和尚が二人いて、これがホントの和尚がツー級の店名ですが、もしかしたら、もっと深い意味が隠されているのかもしれません。いや、これは何かの暗号に違いない。何しろ当店を経営するのは天下の上場企業。まさかダジャレだけで店名を決める筈などありません。今度聞いてみましょう。

 お店を紹介する前に、鴨について少し勉強しておきましょう。
 鴨肉は、牛肉や豚肉と比較するとヘルシーであると言われています。ビタミンB群や鉄分が多く含まれていて、しかも鴨肉の脂身は不飽和脂肪酸の比率が高いからです。

店に入ると、すぐに明るいオープンキッチンが見えます

 ビタミンB群は美容と健康に欠かせない栄養素でありまして、特に女性のお肌に多大なる影響を与えるものです。鉄分も重要ですね。これが不足すると貧血になる。女性には生理が有りますから、我々野郎共よりも意識的に摂らなければならない物質です。鉄鍋でご飯を炊いたり、サプリで補ったりする方も多いですが、鴨肉なら美味しく多量の鉄分を摂取できる訳です。

 そして最大のポイントは不飽和脂肪酸。同じ脂肪酸でも、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸は大違い。不飽和脂肪酸には、血中の中性脂肪やコレステロール量の調節を補助する機能があります。要するに脂肪がつきにくく、鴨肉と運動をうまい具合に合わせれば、ダイエット効果も期待できる、ということです。もちろん鴨を食べてもゴロゴロしていてはダメです。一定の運動はしなければなりません、世の中そんなに甘くはありません。

鴨肉にはビタミンB群と鉄分が豊富に含まれています。こちらは鴨すきのセット

コメント1件コメント/レビュー

鴨という言葉を安易な使い方で使っていると思う。
ふつう飲食店で売られているかもとよバラている肉は殆どが合鴨でしょう。
専門店という言葉で記事を除いたものからすると真鴨も使われているものがあるかもという興味でしたが鴨自体の組成は無ではつまらなすぎる。
昔から出回っている合鴨とフォアグラ「フォアグラはガチョウのものがオアと呼ばれ鴨のものがカナールと呼ばれているカナールの方が低い温度で溶ける」生産用の育てられた身としてはあつさの薄い合鴨とがほとんどではないのか?
天然の真鴨なら鳩にも負けない味がするけど専門店としてはどこにこだわりがあるのかが理解できない。(2015/12/14 13:45)

「フェルディナント・ヤマグチの美味礼賛」のバックナンバー

一覧

「中目黒 鴨を食べたら 「Na Camo guro」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

鴨という言葉を安易な使い方で使っていると思う。
ふつう飲食店で売られているかもとよバラている肉は殆どが合鴨でしょう。
専門店という言葉で記事を除いたものからすると真鴨も使われているものがあるかもという興味でしたが鴨自体の組成は無ではつまらなすぎる。
昔から出回っている合鴨とフォアグラ「フォアグラはガチョウのものがオアと呼ばれ鴨のものがカナールと呼ばれているカナールの方が低い温度で溶ける」生産用の育てられた身としてはあつさの薄い合鴨とがほとんどではないのか?
天然の真鴨なら鳩にも負けない味がするけど専門店としてはどこにこだわりがあるのかが理解できない。(2015/12/14 13:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授