• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今さら聞けない! 手帳の書き方&使い方

初心者から上級者まで! 今さら聞けない素朴な疑問

  • 日経ビジネスアソシエ

バックナンバー

2015年10月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 手帳の書き方に「ルール」はない。ただ、“使いやすい手帳”にするための、定番のテクニックは存在する。長年手帳を使いこなしてきたベテランが、試行錯誤する中で生み出してきたものだ。

 そのテクニックを実際に使うと、最小限の手間で、重要な予定がきちんと目に飛び込んでくるようになる。これで、重要な予定を見逃すミスは減るはずだ。

 そこで今回は、「今さら聞けない」手帳の書き方を紹介する。まず習得してほしいのが、「予定を目立たせる方法」「予定を書き分ける方法」「短くシンプルに書く方法」の3つ。ビジネスパーソンが手帳を使ううえでの基本だ。

 予定を目立たせる方法だけでも、「赤ペンで囲む」「蛍光マーカーで強調する」など、方法はたくさんある。蛍光マーカーを使う場合も、「文字が読みやすい色」を選べば、手帳の使い勝手がアップする。

 次に、「移動時間も書き込む」「上司の予定を入れる」「実働日を明確にする」といった応用ワザも覚えよう。手帳を使ってスケジュール管理、時間管理がしっかりできるようになれば、仕事の段取りがスムーズにできて、ミスも減るはずだ。

予定を目立たせるにはどうする?

 「赤ペンで囲む」「蛍光マーカーで強調する」「マークをつける」のが定番。0.7mm以上の太ペンで、しっかり強調しよう。

0.7mm以上の赤ペンで囲む
1日の中で重要な予定を目立たせたいなら、そこを赤ペンで囲む。0.3mmの細ペンでなく、0.7mm以上の太いペンを使うといい。
黄色の蛍光マーカーで強調
蛍光マーカーで予定を塗りつぶす方法もある。文字が読みやすい黄色やピンクがお薦めだ。
締め切りを目立たせる
仕事に締め切りはつきもの。締め切り日を目立たせたい場合は、右下隅を塗るなど(A~C)、一目で「終わり」と分かるようにする。
星印などで強調
イベント初日など、「重要な日」を目立たせたいなら、数字の上に「星」や「!」などのマークをつける。
吹き出し
重要な日を、吹き出しや雲の形の枠で囲む方法も。

コメント0

「スキルアップ講座 by 日経ビジネスアソシエ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官