• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

常勤医不在の高野病院院長に36歳都内医師

被災地が浮き彫りにする地方医療の課題

2017年1月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2月から暫定的に高野病院院長に就任する中山祐次郎医師(写真:竹井俊晴)

 「瞬発力で決めた」

 こう話すのは、渦中の高野病院の院長に2月1日からの2カ月間、暫定的に就任することが決まった都立駒込病院の中山祐次郎医師(36)だ。

 福島県広野町にある高野病院は、東京電力・福島第一原子力発電所から22kmの場所にある民間の病院。原発事故後も地元に残り、患者を受け入れ続けたことで知られる。院長の高野英男医師(81)が唯一の常勤医として診療を続けてきたが、2016年12月30日の火災で死去。その後は常勤医不在のまま、南相馬市立総合病院など近隣の病院で働く医師や全国各地から名乗り出た医師のボランティアによって支えられていた。

 118床を抱える同病院は、現在でも双葉郡で唯一、入院できる病院だ。

高野病院は双葉郡で唯一、入院できる病院。同地域の医療機関の約8割がいまだ休止している

 院長が死亡した翌日の12月31日、遠藤智・広野町町長と周辺地域の医師らにより「高野病院を支援する会」が結成された。1月中の診療は非常勤の医師でやりくりするめどが付いたが、「医師の好意に甘えているだけではやがて限界が来る」(支援する会の尾崎章彦医師)と危機感を募らせていた。

 中山医師が高野病院の状況をニュースなどで知り、支援する会の尾崎医師に連絡をしたのは1月6日夜のことだ。

3000人の命を預かる一人の医師

 中山医師は、尾崎医師と相談した後、8日に現地に赴いた。事務室で尾崎医師、高野院長の娘の高野己保(みお)理事長と話していると、地元の住民が次々と事務室にやってきた。高野院長の遺骨に手を合わせるためだ。

 「この先生がいなければ、この地域は終わっていた」

 「本当に超人のような人だった」

 弔問に訪れた人たちは口々にこう言った。高野病院が見守り続けてきた広野町の人口は約3000人。日本の人口1000人当たりの医師数が約2.3人(世界銀行統計、2010年)であることを考えると、広野町の現実が極めて過酷であることは明らかだった。

 「ここには医者がいないとダメだ」。中山医師はそう実感したという。

 中山医師はその場で院長就任を決断したが、これで問題が完全に解決したわけではない。同医師は4月から郡山市内の病院での勤務が確定しているため、在任期間2カ月間の「暫定院長」だからだ。高野病院は、4月から院長を務めてもらう人材を早急に探さなければならない。ちなみに院長はボランティアではなく、高野病院に雇用される常勤医となる。

 「自分がたった2カ月間いたところで、応急処置にしかならない」(中山医師)

コメント2

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「常勤医不在の高野病院院長に36歳都内医師」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師