• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

台湾総統選、民進党の「未来像」なき圧勝

2016年1月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今後について冷静に語る民進党の蔡英文主席(右)

 1月16日、台湾総統選挙の投票が締め切られた午後4時。最大野党の民主進歩党(民進党)の本部近くに設営された野外の大規模集会場では、用意された席は既に支持者らで埋め尽くされて会場外の道路にまで人があふれていた。

 巨大なモニターには開票状況が映し出され、事前の予想を超える勢いで民進党の候補者である蔡英文主席がリードするもようが伝えられている。

「私は台湾人」というメッセージをことあるごとに全員で叫ぶ

 総統選は与党・国民党の朱立倫主席との事実上の一騎打ち。その朱氏に、ダブルスコアの差をつけて蔡氏の獲得票数が伸びていく。100万票、200万票、300万票――。票数が大台に乗るたびに会場は盛り上がる。そして会場中の人々が大型モニターに映し出された言葉を叫ぶ。

 「我是台湾人(私は台湾人だ)!!」

当選確実の報を見て喜ぶ民進党支持者

 8年ぶりの政権交代。加えて民進党は、初めて立法院(日本の国会に相当)でも過半数(定数108に対して68の議席を獲得)を獲得した。その支持層が最も力を入れて叫ぶ言葉が「我是台湾人」の五文字だったことは、この選挙戦が、「中国」との関係にまつわるアイデンティティの闘争だったことをよく物語っている。

 会場で中国系のメディアを見つけると一斉にブーイング。そして親中派の与党候補であった朱氏が敗北を宣言し、頭を下げる姿がモニターに映し出されると、「どうだ!」と言わんばかりに中国系メディアの記者に対して中指を立てる。

 新政権の描いた未来像に沸くというよりも、前政権が進めた親中路線に「NO」を突きつけ、対中融和の流れを食い止めたことに沸いているような印象を受けた。肯定よりも、否定の歓喜に見えた。

コメント8件コメント/レビュー

日本では余り知られていませんが、国民党が台湾に進入してきた際に、それまでに居た人民への苛烈な抑圧と重税を課しており(穏やかな表現に努めております)、未だに国民党軍の生き残りや親族が特権階級として存在しています。この圧政があった為に、過去の日本統治時代の方がマシだったという親日派が出来た所以です。台湾は未だ完全に大衆民主主義の国ではありませんから、民進党は中共だけでなく難しい舵取りを要求されています。日本としては民間だけでなく、政府方面からの支援をコッソリでも良いので進めて頂きたいものである。(2016/01/18 12:26)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「台湾総統選、民進党の「未来像」なき圧勝」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本では余り知られていませんが、国民党が台湾に進入してきた際に、それまでに居た人民への苛烈な抑圧と重税を課しており(穏やかな表現に努めております)、未だに国民党軍の生き残りや親族が特権階級として存在しています。この圧政があった為に、過去の日本統治時代の方がマシだったという親日派が出来た所以です。台湾は未だ完全に大衆民主主義の国ではありませんから、民進党は中共だけでなく難しい舵取りを要求されています。日本としては民間だけでなく、政府方面からの支援をコッソリでも良いので進めて頂きたいものである。(2016/01/18 12:26)

タイトルが不適切。
一人の学生がそうコメントしたくらいで、民進党の圧勝に未来像がないと決めつけるのは失礼です。
台湾の人が見たら気分を悪くするでしょう。
日本の自民党の圧勝の方がよほど未来像がなかった。
台湾と違い、日本こそ前政権民主党の否定にすぎず、学生ならぬ、自民党の議員こそが「無風だった。応援されてはいなかった」と感想を述べた始末。
そんな日本に比べれば、未来像を描いて民進党に投票した人が、台湾には多いと見受けられます。(2016/01/18 12:11)

「未来像」なき圧勝というが,未来像を伏線化するという賢明な政治力の表れだろう。国民党には頑張ってもらいたい。大陸との協調を通じて草の根から民本主義を広め根付かせてほしい。そしていつの日か中国共産党によって人民が経済力をつけ,「衣食足りて」民主主義を求める中国人民を代表する日の来ることを期待したい。民進党はその道筋のあまりに確実な現時点で未来像を示さないという現実的な選択を暗にしたのだろう。中国がその本来の「王道主義」に戻れれば,その「徳」に台湾人が靡いたとしても誰も批判しないだろう。現在の「覇道主義」中国ではだめだが…。(2016/01/18 11:44)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長