• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ECBを追うマイナス金利、奇策に隠れた不安

2016年2月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 黒田東彦日銀総裁は、安倍晋三政権に対して、またしても助け船を出した。年初来、日経平均株価は下落して、誰かが歯止めをかけなくてはならないと思われてきた。そこに、甘利明経済財政相の辞任。窮地において行動するのが、ラストリゾートたる黒田総裁である。

 2016年1月29日の政策決定会合で日銀は、従来の量的・質的金融緩和に加えて、マイナス金利を導入する新機軸を発表した。従来は、マイナス金利を始めると金融機関の経営にダメージを与えるので望ましくない、と慎重姿勢を貫いてきた。それを前言撤回する形でのマイナス金利導入である。

 もはや日銀には、量的・質的金融緩和の余地が少ないことは明らかだった。だから、日銀は強がってみせてきた。余地が少ないことを見透かされると、インフレ予想が消えてしまう。そこで、今になって追加緩和予想を維持しようとしてマイナス金利という奇手に踏み出したのである。

 これまでの経過を辿ると、ゼロ金利→量的緩和→マイナス金利と、再び金利メカニズムの操作に戻ったようにみえる。

 ここで忘れてならないのは、マイナス金利政策を始めると、際限なく運用利回りが低下するフェーズへと足を踏み入れることだ。喉が渇いてしまい、とうとう我慢できなくなって、海の水を飲み始めたようにみえる。

 問題なのは副作用だ。運用利回りの低下のダメージを受けるのが、金融機関という点だ。 黒田総裁の記者会見では、金融機関の経営に対する影響を問われて、悪影響はないと言ったが、その言葉を額面通りには受け止められない。

欧州のマイナス金利との比較

(図表1)イールドカーブの変化
出所:日経QUICK

 日本は、既に欧州の債券利回りの低下を受ける格好で、4年以下の期間の利回りがマイナスでも取引されるようになっていた。それが、日銀がマイナス金利を導入した1月29日は、7年のゾーンまで債券利回りがマイナスに沈み込んだ(図表1)。

 黒田総裁が指摘するのは、マイナス金利の適用範囲を絞るような仕組みにある。すなわち、日銀の公表資料では、「金融仲介を担う金融機関の収益に悪影響を及ぼす面がある」から「3段階の『階層構造』を採用」するという工夫で、金融機関の持っている金融仲介機能に障害を与えないように配慮すると説明している。

 しかし、そもそも、マイナス金利にすることは運用者への懲罰的な効果があり、マイナス金利の範囲を広げることでより多くの資金シフトを促すことを狙っている。

 だから、金融機関にダメージが及ばないようにするという配慮は、マイナス金利効果を及ぼすことと、理屈の上で矛盾している。筆者は、債券運用を行っている幅広い金融セクターへの打撃は免れないと考えている。

 日銀がモデルにしているのは、ECB(欧州中央銀行)のマイナス金利政策である。金融機関がECBの当座預金に預け入れる金利水準が▲0.3%であるから、当座預金に預けるよりも短期国債を買って運用した方がましだと考えて、資金を短期国債にシフトさせる。すると、欧州の債券利回りは、比較的短い期間からマイナス金利になっていく。当座預金のマイナス金利が、金融機関の資金シフトを通じて、債券利回りを低下させていくメカニズムである。

コメント4件コメント/レビュー

今回の件で初めてマイナス金利について調べましたが、感想は記事の内容に同感です。
マイナス金利で収益源を削られ、投資機会が少ない金融機関は、金利の引き上げやコストカットに動き、結果として引き締めになる可能性が高いと思います。(2016/02/01 12:45)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ECBを追うマイナス金利、奇策に隠れた不安」の著者

熊野 英生

熊野 英生(くまの・ひでお)

第一生命経済研究所首席エコノミスト

横浜国立大学経済学部卒。1990年に日本銀行入行。2000年に第一生命経済研究所へ入社。2008年に日本FP協会評議員。2011年4月から首席エコノミスト。2014年6月から日本FP協会理事。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回の件で初めてマイナス金利について調べましたが、感想は記事の内容に同感です。
マイナス金利で収益源を削られ、投資機会が少ない金融機関は、金利の引き上げやコストカットに動き、結果として引き締めになる可能性が高いと思います。(2016/02/01 12:45)

マイナス金利を言葉に引き摺られて金利政策として把握するのが間違いだろうし、その理解では今後の分析においても誤った分析を導きかねない。日銀当座へのマイナス金利は、金利政策ではなく、それによる量的緩和の促進が主眼であって、金利操作によって市中金利の誘導を図る金利政策とは似ても似つかないもの。(2016/02/01 12:10)

マイナス金利の副作用を謳う割には副作用そのものについての言及されていないことが気になる。
リスクテイク云々で住宅ローン貸出残高が増えるかどうかは分からないと書かれているが、需要と供給関係に類似しており、金利が安くなったから住宅ローンを借りたい・・・と思う人がどれだけいるかという話に近く、これは銀行側のマターではないだろう。
円安ターゲットでマイナス金利を行っている面も一部じゃあるだろうが、輸出増を見込んでいるのではなく、本丸は経済主体(政府・企業・家計)、特に政府ががお金を借りて使えるようにするための意思表示であると私自身は感じた。
その意味に解いて、「国の借金が~」という間違った認識を変化させる一手としてもマイナス金利は面白いと思っている。
お金の価値が高くなりすぎているからこそのマイナス金利であり、そのお金が投資や消費に回るようにした苦肉の策でもあると捉えている。
いずれにしても、経済界でこれだけ問題視されるということは我々庶民にとってはマトモな政策であろうと受け止めている(笑)(2016/02/01 11:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私は町村合併はまったく解決になるとは思っていない。

和田 知士 高知県大川村村長