• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日銀マイナス金利導入、曇る政策判断

日経平均476円高も楽観視は禁物か

2016年1月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真:アフロ

 日銀は、29日まで開いた金融政策決定会合で、追加の金融緩和策を賛成多数で決めた。民間金融機関が日銀の当座預金に一定以上のお金を預けた時に手数料を払う「マイナス金利政策」を初めて導入する。年明け以降、動揺の続く中国経済や株式・為替相場に配慮し、あらゆる金融政策を総動員してデフレ脱却と国内景気の下支えを目指す方針を鮮明にした。

 日銀は2013年4月、アベノミクスに弾みを付けるため「黒田バズーカ第1弾」として「量的・質的金融緩和」を導入。2014年10月には「第2弾」として追加の金融緩和に踏み切った。今回は「第3弾」としてお金の量、質に続き金利という視点から新たな緩和策を打ち出す。

 日銀の黒田東彦総裁は数日前までマイナス金利導入に否定的だった。このため、金融市場では「内容、タイミングの両面で大きなサプライズ」(ゴールドマン・サックス証券の馬場直彦チーフ・エコノミスト)との受け止め方が多い。米国は昨年末、利上げに踏み切っており、日銀がマイナス金利を導入すれば日米金利差は拡大方向に向かう。円よりも投資妙味の高いドルを買う動きが強まり、ドル高・円安に振れやすい。

マイナス金利導入、株価は乱高下

 しかしマイナス金利導入の効果が、どこまで株安・円高に歯止めをかけるかは現時点では読み切れない。それは29日の金融市場の値動きと、同日に日銀が発表した1月の「展望リポート」からも伺える。

 29日の東京株式市場はジェットコースター相場の様相を呈した。朝方は方向感が定まらなかったものの、午後の取引が始まる12時半ごろにマイナス金利導入が伝わった途端、日経平均株価が急伸。12時46分には一時前日比597円48銭(3.5%)高の1万7638円93銭を付けた。

 その後、急速に利益確定売りが膨らみ、わずか34分後の午後1時20分には同274円36銭(1.6%)安の1万6767円09銭まで値を下げた。取引終了にかけて再び買い注文が優勢になり終値は同476円85銭(2.8%)高の1万7518円30銭だった。海外市場で取引されている日経平均先物は1万7500円近辺で一進一退が続いている。 

 為替市場は1ドル=121円台まで円安に反転した後、120円台で神経質な値動きが目立つ。

コメント3件コメント/レビュー

あんまり、皆が批判してるから、誰かに都合が悪いのかなぁ、と勘繰りたくなりますね。個人的には財政再建を煽ってる財務省に本命、対抗が金融庁、単穴が銀行あたりでしょうか。(2016/02/01 12:35)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「日銀マイナス金利導入、曇る政策判断」の著者

清水 崇史

清水 崇史(しみず・たかし)

日経ビジネス記者

98年早稲田大学大学院修了、通信社を経て日本経済新聞社に入社。証券部で機械・プラント、海運・空運などを中心に取材。2013年4月から日経BP社に出向。総合商社、金融マーケットを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

あんまり、皆が批判してるから、誰かに都合が悪いのかなぁ、と勘繰りたくなりますね。個人的には財政再建を煽ってる財務省に本命、対抗が金融庁、単穴が銀行あたりでしょうか。(2016/02/01 12:35)

日経でマイナス金利に批判的な記事が2件立て続けに出た。
今迄モニターと評論しかしてこなかった者達が 未経験の施策を前に不安に襲われ動揺しているように見える。
世界的には比較的健全な経済大国はアメリカと日本しか残っていない。記事にあった不安定な株価もEUや中国や中東など外部要因の方が多いと考える。マイナス金利は日銀が最適解を求めた結果であり、しかし一時的なものであろう。今回の2本の記事のような不安な心情を吐露するばかりの駄文を公開するのは経済新聞と名を関する企業としてどうだろう。不安でなく 自分なりの先行きの分析と予想を批判を恐れず発信するのがあなた方の仕事ではないでしょうか。(2016/02/01 09:44)

基本的に、記事に書いてある通りと思いますが、それでも評価します。
手詰まりだから何もせず(日本経済の)死を待つのではなく、副作用の強い劇薬を使ってみる態度を。
今後、マイナス金利の副作用が日本経済に深刻な苦痛をもたらす可能性は多くありますが、批判する方々には、是非とも、マイナス金利を導入しなかったらどうなっていたか、他にどんなやりようがあったかを踏まえた批判をお願いしたいものです。文句を言うだけなら誰にでもできます。
抗ガン剤だって、医者も患者も猛毒だと知りながら、生きるために使うのだから。(2016/01/30 10:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長