• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国産ステルス戦闘機、真の敵は米軍機?

米露中に続き、2月中にもいよいよ初飛行へ

2016年2月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 三菱重工業などが手掛ける国産ステルス戦闘機の実証機が、2月中旬以降に初飛行する見通しとなった。これまで有人ステルス機の飛行に成功しているのは、米国、ロシア、中国の3カ国。実証機で性能を検証し、次期主力戦闘機を日本が自主開発するか、米国など海外と共同開発するかといった基本方針を2018年度までに決める。高い技術力が必要な戦闘機の調達方針がどうなるかは、今後の日本の航空機産業に大きな影響を与える。

 防衛装備庁は1月28日、国産ステルス戦闘機の実証機の型式を「X2」とするとともに、2月中旬以降に初飛行させると発表した。実証機は2009年度に試作を始め、約400億円を投じてきた国家プロジェクトだ。主に三菱重工が機体を担当、IHIがエンジンを製造する。

「防衛装備庁が開発中の国産ステルス機(愛知県の三菱重工工場)」

 2月の初飛行ではコンディションの良い日を選んで、三菱重工の工場に隣接する名古屋空港から離陸。上空で性能試験を行い、航空自衛隊岐阜基地に着陸する予定だ。3月末までに防衛省に引き渡し、その後は防衛省のもとで飛行試験などを続ける。

ステルス性と高運動性を両立

 実証機は「ステルス性」と「高運動性」の両立を目指して作られた。ステルス性とは、敵のレーダーで発見されにくい能力のこと。機体に照射されたレーダーを本来の方向に反射させないようにすることで、どこにいるのか探知されにくくする。1991年の湾岸戦争で米軍が投入したステルス機で世間に知れ渡った技術だ。

独特の機体形状によってステルスなどの性能を実現した

 実証機では、機体の形状やエンジンのダクトを工夫したり、電波を吸収する素材を用いたりした結果、レーダーでは「大きな昆虫か鳥くらいにしか映らない」(自衛隊幹部)水準のステルス性を実現したという。敵に戦闘機であることがばれなければ効果的に任務を遂行できる。

コメント11

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「国産ステルス戦闘機、真の敵は米軍機?」の著者

寺井 伸太郎

寺井 伸太郎(てらい・しんたろう)

日経ビジネス記者

2002年、慶応義塾大学を卒業し、日本経済新聞社に入社。東京や名古屋での企業担当などを経て、直近は決算を取材する証券部。15年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手