• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あの育休議員が語っていた妻と子への思い

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2016年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2015年12月、妻である金子恵美・自民党衆院議員の出産に合わせ、育児休暇の取得を表明した宮崎謙介・自民党衆院議員。男性国会議員が育休を取った例は過去になく、その是非を巡り与野党巻き込んでの一大論争になったのは記憶に新しい。そんな宮崎議員の不倫疑惑が、2月10日発売の「週刊文春」で報じられた。

 報道によると、金子議員が出産のため都内の病院に入院していた1月30日、京都の自宅に女性タレントを招き、翌日まで密会したという。「女性の社会進出を推し進め、男性も育児に参画する風土を作るには、国会議員も率先して育児に参加すべきだ」という宮崎議員の考え方には、女性を中心に支持も広がっていただけに、大きな波紋を呼んでいる。

 宮崎議員は醜聞発覚前、「日経ビジネス」の取材も受け、国会議員が育児参加することの意義や、妻や生まれてくる子供への思い、旧態依然とした一部議員への不満を熱く語っていた(2月15日号「敗軍の将、兵を語る」)。宮崎氏が提起した問題自体は、日本が男女共同参画社会を築いていくためにも国民全体で議論すべきテーマだが、今回のスキャンダルで、その重要な議論までないがしろにされかねない。そこで本誌は、この問題をあえて不倫疑惑とは切り離し、宮崎氏が育休取得を宣言した真意を報道することとした。

[自民党衆院議員]宮崎 謙介氏
1981年1月、東京都生まれ。7歳までフィリピンで過ごす。早稲田大学商学部卒業後、日本生命保険などを経て、ネオトラディションを創立。京都大学大学院工学研究科非常勤講師に就任。2012年12月の衆院選にて京都3区から出馬し、初当選。現在2期目。

(写真=陶山 勉)
宮崎議員の育休問題の概要
自民党の宮崎謙介議員は2015年12月、妻の金子恵美議員が2016年2月に出産するのに合わせて育児休暇を取得する意思を表明。男性国会議員が育休を取った例は過去になく、同党の小此木八郎・国対委員長代理は記者会見で「想定外で違和感がある」などと非難。民主党の蓮舫代表代行もツイッター上で「理解できない」と切り捨てた。

 私は2015年12月、妻・金子恵美議員の出産に合わせて育児休暇を取得する意思を表明しました。その後、わが党の国会対策委員会の幹部から呼び出しを受け、叱責を受けてきました。そして他党も巻き込んで、国会議員がイクメンになることの是非に発展。そもそも女性の社会進出を推し進め、男性も育児に参画する風土を作らなければならないはずの永田町でまさかお叱りを受けるとは思ってもいませんでした。

 「歳費をもらいながら休暇を取るなんて」などと言われ、誤解を生じていますので、ここで説明させていただきます。

コメント26件コメント/レビュー

この件があったかどうかに関わらず国会議員の育休取得に反対です。
そもそも国会議員というのは一定の期間に投票した国民の代弁者として政策の立案に尽力する仕事です。
任期は必ず全うできるものではなく解散等により途中で中断されることもある以上、育休取得期間が仮に一・二ヶ月であっても総任期に占める割合は高く、その議員に投票した有権者の思いを軽視することになるからです。
子は授かりものですが、ある程度出産時期のコントロールは可能なはずです。
高額な歳費をもらうにふさわしい社会的意義のある仕事をしているのですから任期中はそれに注力して欲しいですし、そもそも議員になったばかりなら国政の場でやりたいことが余りに多すぎて他のことを考える余裕は無いくらいの熱のある方に議員をやってもらいたい。
他の事をやってたという報道ばかりが出てくるので一層腹立たしい。(2016/02/16 13:41)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この件があったかどうかに関わらず国会議員の育休取得に反対です。
そもそも国会議員というのは一定の期間に投票した国民の代弁者として政策の立案に尽力する仕事です。
任期は必ず全うできるものではなく解散等により途中で中断されることもある以上、育休取得期間が仮に一・二ヶ月であっても総任期に占める割合は高く、その議員に投票した有権者の思いを軽視することになるからです。
子は授かりものですが、ある程度出産時期のコントロールは可能なはずです。
高額な歳費をもらうにふさわしい社会的意義のある仕事をしているのですから任期中はそれに注力して欲しいですし、そもそも議員になったばかりなら国政の場でやりたいことが余りに多すぎて他のことを考える余裕は無いくらいの熱のある方に議員をやってもらいたい。
他の事をやってたという報道ばかりが出てくるので一層腹立たしい。(2016/02/16 13:41)

育休を取る事に発生するコストをどうするのか?という点は議論の余地が有る(企業に負担させると企業の規模や雇用契約条件・個人事業主との間で格差が生じるので国が負担するのが妥当)と考えていますが、全体の流れとして男性の育休に反対はしません。
しかし、これだけ説得力が無いインタビュー記事も中々ないですw
恐らく彼の中で浮気は気晴らしであり、奥さんや子どもを守るという実生活と精神的に切り離されているので矛盾は無いのでしょうが、聞く側としてはw
異性に対して魅力があり過ぎるのも考え物です。(2016/02/11 18:19)

アンケート結果を見るに、スキャンダルの件とは分けて考える事が出来た人は殆どいなかった様だ。また分けて考えることが出来た人でも「国会議員が育休をとるのはけしからん」という人が多いのだろう。
ここで敢えて言うと「国会議員は普通の仕事と違うのだから…」という理屈が通ると次に何が起こるか考えて欲しいという事。規則運用における経験則に「例外事項は1つ認めてしまうと、その後どんどん増えていく」というのがある。そう、次に起こるのは「○○は普通の仕事と違うのだから…」の○○が次々と増えていくだろうという事。(2016/02/11 17:09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長