• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ユニクロ、1月伸びても晴れぬ視界

大規模セールが押し上げ、利益貢献は薄く?

2016年2月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ファーストリテイリングが発表した1月の国内ユニクロ事業の売上状況(既存店ベース)は、売上高、客数、客単価ともに前年同月を上回る好成績だった。マイナス続きだった客数が前年比を上回ったのは、気温が低くなったことが大きいようだ。だが年始の大規模セールが押し上げている面も大きく、手放しでは喜べない状況だ。2014年以降の値上げの影響を吹き飛ばすような、分かりやすいヒット商品が求められそうだ。

旗艦店のユニクロ銀座店。年末年始に大規模セールを実施した

 ユニクロの既存店売上高は、2015年11月、12月は暖冬の影響で前年同月を1割程度下回るなど苦戦していた。商品値上げなどによって客単価は上昇したが、客数の減少幅が大きかったためだ。

 だが1月は一転、好調だった。客単価が6%、客数が8%増えた結果、売上高は14.6%増だった。前年同月を割り続けていた客数が大きく回復した。売上高、客数、客単価の3つがそろって前年同月を上回るのは8か月ぶりだ。

 客数の大幅増の要因は何か。暖冬から一気に寒さを感じやすい気候となったことで、防寒性の高い衣料が売れたことは確かだ。しかしもう一つの要因は、年末年始に実施した大規模セールだ。多くのアイテムを半額にして話題を集め、店頭には多くの人が並んだ。「チラシを見て正月にユニクロに行こうと思ったが、行列がすごくて入れなかった」(40代男性)という消費者もいたほどだ。

コメント4件コメント/レビュー

買う側の言う「品質」はコスパと同義に近い。フリースが流行る前のユニクロはジーパンが2千円弱だったが、今では3千円強が当たり前。5割増しどころではないので買わなくなったことが判ってないのだろう。(2016/02/15 16:29)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ユニクロ、1月伸びても晴れぬ視界」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

買う側の言う「品質」はコスパと同義に近い。フリースが流行る前のユニクロはジーパンが2千円弱だったが、今では3千円強が当たり前。5割増しどころではないので買わなくなったことが判ってないのだろう。(2016/02/15 16:29)

当然だ。大規模セールスと称し需要フォーキャストを外した在庫一掃セールに過ぎない。定期的に繰り返し起こる大規模セールスがあれば、消費者も平常時に購入しようとなどしない。既存のビジネスモデルが崩壊している。インダストリー4.0を超える6.0(?)を標榜していたと思うが、現状はまだまだ低レベルと言わざるを得ない。(2016/02/15 12:02)

ユニクロはもはや国内は頭打ちではないでしょうか?
ポジショニング戦略の失敗と消費者を馬鹿にしている経営方針はマクドナルドを彷彿させます。
品質低下と高価格化を同時に行って顧客が離れないと思う方がどうかしています(笑)
ターゲットとポジショニングを見直せば復活できる可能性はあると思いますが、個人的にはチャイナ縫製の粗悪な品を現在の価格で提供されても食指は動かないですね。
最早「海外で稼げば?」という印象しかないブランドです。(2016/02/15 11:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授