• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

瀬戸際のヨーカ堂、そごう・西武

セブン&アイ、今期スーパー20店、百貨店2店閉鎖

  • 須永 太一朗

バックナンバー

2016年3月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

セブン&アイ・ホールディングスは8日、2016年度にそごう・西武の2店とイトーヨーカ堂の20店を閉鎖すると発表した。リストラに追い込まれた背景には両事業の業績悪化と、総合スーパーと百貨店という業態の地盤沈下、そして物言う株主の存在、という3つの要素がある。今度こそセブン&アイの長年の課題である「コンビニ頼み」の収益構造を変えることができるだろうか。
写真右が閉鎖が決まった西武旭川店(北海道旭川市)。駅直結のイオンモール旭川駅前(写真左)が昨年春に開業したことで競争が激化した。

 「課題のあるイトーヨーカ堂、そごう・西武は、グループ利益が最大の今だからこそ構造改革を進める」。3月8日の記者会見で、セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長はこう説明した。

 同社がこの日発表した構造改革では、傘下のそごう・西武の百貨店、西武旭川店(北海道旭川市)と、そごう柏店(千葉県柏市)の2店を2016年9月末に閉鎖する。

イトーヨーカドーの年間閉店数は最多に

 傘下の総合スーパー(GMS)、イトーヨーカ堂では、2017年2月期に20店を閉鎖することも明らかにした。昨年10月に発表した構造改革では「今後5年間で40店閉鎖」するとしていた。この計画は維持するが、初年度に集中して実施する。

 現段階で「戸越店」(東京都品川区)、「食品館本牧店」(横浜市)、ディスカウント業態の「ザ・プライス千住店」(東京都足立区)3店の閉鎖が決まっているという。残り17店もオーナーとの交渉がまとまった店舗から、順に発表する予定だ。

 過去イトーヨーカ堂は2005年に4年で30店、09年には3年半で30店というリストラ案を公表した経緯があるが、実際には示した数までは閉店していない。今回は初年度で20店を閉鎖するという計画で、従来にはない「覚悟」を示した格好だ。

 2003年2月期以降でみると、イトーヨーカ堂の閉店数は11年2月期の10店が、年間の閉鎖店舗数としては最も多かった。今期はこれを一気に上回るペースでの閉店となる。

 構造改革に伴い、前期(2016年2月期)決算ではイトーヨーカ堂で約40億円、そごう・西武で約15億円の特別損失を計上する。他に監査法人と会計処理を協議している内容もあり、今期も損失を計上する見通しで、イトーヨーカ堂で60億円、そごう・西武で40億円程度になると想定している。

 人員については、イトーヨーカ堂の社員は自然減で対応し、地元で働いており転勤できないパートは解雇すると説明した。

 セブン&アイはなぜ改めてグループの構造改革案を公表しなければならなかったのか。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト