• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

YouTube、年内に日本で有料サービスを開始

ネットフリックスやアマゾンなど競合にとっては脅威に

2016年3月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 YouTube(ユーチューブ)は2016年内に日本で会員制の有料動画配信サービスを始める。これまで広告収入に依存してきた収益源の多様化を進めるほか、ユーザーの選択肢を増やし「次の数十億人ユーザー」の獲得を目指す。米ネットフリックスなど、既存の有料動画配信サービスとの顧客獲得競争が激しくなりそうだ。

 米グーグル傘下で動画配信サービスを提供する「YouTube(ユーチューブ)」は、会員制の有料サービスを日本で始める。日経ビジネスの取材に対し、YouTubeのスーザン・ウォジスキCEO(最高経営責任者)が初めて明らかにした。

グーグルの傘下にあるYouTubeのCEOを務めるスーザン・ウォジスキ氏。1990年代の終わりに、16番目の社員としてグーグルに入社。2014年2月より現職。要職を務めながら、46歳のときに5人目の子どもを出産し、米国でも話題を集めた

 有料サービスは昨年10月に米国で始めた「YouTube Red」の日本版で、2016年中に日本のほか欧州や韓国などのアジア諸国にも展開する計画だ。日本での価格は未定だが、米国では月額9.99ドル(日本円で約1100円)を支払えば、広告を非表示にできるほかオフラインでの動画再生、曲の聞き放題サービスなどが利用できる。

 2005年に無料の動画配信サービスを開始してから、昨年10年を迎えたYouTube。サービスに対して利用者が定額を支払う「サブスクリプション」サービスの世界展開により、広告収入にのみ依存してきた収益源の多様化を進める。

「重要なのは次の数十億人単位のユーザー獲得」

 YouTubeのウォジスキCEOは詳細な開始時期について明言を避けたが、年内のサービス開始に向けて現在準備を進めていると言う。YouTubeの現在の利用者数は全世界で10億人以上に達する。

 「我々にとって重要なのは、次の数十億人単位でのユーザー獲得」(ウォジスキCEO)とし、課金サービスなどでユーザーの選択肢を増やしていきたいと話した。「オンラインビデオへと視聴者がシフトするなか、この事業機会をうまく獲得して最善の製品(コンテンツ)を生み出していきたい」(同)。

 YouTube Redは昨年10月に米国限定で始まった有料会員サービス。会員は、無料版を視聴する際に表示される動画広告を非表示にできるほか、スマートフォンやタブレットに事前に動画を一時保存しておけば、ネットのつながらない「オフライン」の場でも動画の視聴ができる。

 また、ユーザーから要望の多かった「バックグラウンド再生」にも対応。現在のYouTubeアプリでは、アップされている動画の音楽を聴きながら、メールやブラウザ閲覧など他の作業をすることができない。YouTube Redでは、YouTube上の音楽をBGMとして聴きながら他のアプリを使用することができる。

 会員は現在グーグルが提供している定額制の音楽配信サービス「Google Play Music」も利用できる。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「YouTube、年内に日本で有料サービスを開始」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧