• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

ニュースを斬る DeNA問題、もみ消された社内からの警告

とても参考になった
 

56%

まあ参考になった
 

32%

参考にならなかった
 

10%

ぜひ読むべき
 

63%

読んだほうがよい
 

20%

どちらでもよい
 

16%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

村田・中川両氏はDeNA社内で著作権侵害を推進した責任を取るべき。
執行役員という役割は事業の責任を取ることだとしたら、賠償負担にも個人的に応じるべき。(2017/03/20)

慈悲をかけたと言っているが、そもそもの元凶が「南場」なのではないか?すべての南場が「利益最優先」で社長以下を操っていただけと考える。(2017/03/17)

会社に重大な損害を与えた従業員は人事部付け謹慎にして身動きが取れないようにした上で証拠固めを行い、損害額が確定次第、懲戒処分を行うのと同時並行で敵に時間を与える間も与えず損害賠償請求を行い損失を少しでも取り戻すのがセオリーだと思いますが、村田氏は役員だからという理由でそれすらやらずに退職させる、なあなあな決着を選ぶのでしょうか。
守安社長の脇の甘さの問題はさておき、今後もこの会社は中途採用を続けていくのだと思いますが、断固たる態度を取ることなくなあなあで済ます前例を許すようだと、これからも一見優秀に映る中途入社社員を装った策士相手にどんどんキャッシュを絡めとられていくことになりそうで怖いです。ソーシャルゲーム業界って、ここに限らず呆れる程脇の甘い会社が多いですね。(2017/03/16)

未だ隠していることがあると感じる。
ベンチャーでも 社会に害や迷惑を掛ける事は企業として存在してはならないという倫理、哲学がないのは消えて貰って一向にかまわない。
この意味で 一部の国会議員や東電が社会的不正義を広めてしまった。犯罪すれすれこそ儲かる、それが狙うべき事だととの誤り。(2017/03/16)

「南場会長が見せた慈悲」って南場さん、正気ですか?あんな犯罪的行為を行った者どもに慈悲をかけて、初めから諫言していたDeNAの法務担当者たちはどう思うのでしょう?iemoやMERYの買収代金は誰の懐に入ったのですか?(2017/03/15)

他にもロクでもない事やってる一部上場企業は山ほどありますからね。
DeNAだけ槍玉に挙げていても根本的な解決にはならないです。(2017/03/15)

倫理道徳を持たず、悪意なく「一所懸命、誠心誠意」悪いことに打ち込む人間を本物の「邪悪」という。
それはまた南場及びDeNAのDNAの本質だから同類同士離れられないのかもしれないが、
世間一般にみれば何か隠していることがあり、「余計なこといわれないために」掘り出せないのかなと見える。(2017/03/15)

こんな会社が、1部上場の企業とは日本の良心が疑われる。ベンチャー精神とかチャレンジとかいいながら、実はしっかりとした企業理念や善悪の判断力も無い。更に、インターネットと言う仮想空間にどっぷりと浸り、現実を全く見ていない。現実は所詮善悪や虚実を見極める能力に劣る人間だよ。虚虚実実の情報を垂れ流した責任は、一体誰が、どういう形で取れるのだろう。何れにしても、インターネット空間上には、既にこれ以上の欺瞞と悪徳が蔓延していて収拾することはほぼ不可能。真剣にこの事実を見極めて何らかの手立てをうつか、情報をどこかで取捨選択統制しないと、人類に未来はないね。子供たちや若者がどんな人間になってしまうのでしょうか?(2017/03/15)

村田氏や中川氏のような人誑しの上手い人間が結局は得すんだなって思いました。
この2名をまだ庇ってる南場さんって大丈夫なのかな。(2017/03/15)

ネットベンチャーの考え方を補足として。
●1、「YouTubeだってグレーぎりぎりを突破して大成功したんだ」と、グレーゾーンで大暴れすることを正当化する考えが根強い。キュレーションのモデルもGoogleが著作権無視の切り貼りを優良記事と認識するシステムにしたところからチャンスが生まれた点は見過ごされがちだが重要だ。焼き畑で読者の定着がないことは日経の記事にもあったと思う。
●2、画像のコピーと直リンク(直貼り)は、たとえるなら、写真家の写真を印刷して配るのが前者で、さらに配る費用を写真家に払わせるのが後者だ。両者を比較して「むしろコピーの方がいい」と考えるのはおかしくない。問題は権利者の許可の有無だ。(2017/03/15)

結局、パクってたサイトや著作権者への賠償はしないんですかね?
その辺を曖昧にしての幕引きは問屋が卸さないですよ。
Denaも説明責任を果たしていない村田を懲戒解雇して、金は持ってるんだから著作権者への賠償も請求しないと、ゴミを売りつけられたまま、まんまと逃げ切られてもいいの?
そこら辺を有耶無耶にするなら、社長は村田氏らに何かやましい事があると思われても仕方ない。(2017/03/15)

目標の高い低いが問題なのではなく、根拠無く決めた高さに問題があるのであって、社長がまずは悪い。
東芝と同じである。(2017/03/15)

 南場さんが選んだ守安社長だが、記事を読む限り、社長としては不適格な人物だ。コンプライアンスという概念が全く無い。社長が独断と偏見で運営できるのはベンチャー企業の創業時だけの話、経営企画室長の言う事に耳を傾け、自ら冷静に買収すべきか熟考すべきところ、急ぎ南場さんを説得までした罪は思い。
 村田、中川に関しては、子供としか言いようがない。やって良いこととダメなことが、分かっていない。特に著作権に関することが全く分かっていない。無茶苦茶して、たまたま儲かっただけ。この二人は確信犯だったかも知れない。やばいのは分かってて、DeNAに上手く話を持ちかけて、売り逃げするつもりだったのではないか?村田が終始海外在住なのはそれを物語っているのではないか。それを見抜けない間抜けが守安社長だったという見方もできる。
 でも南場さんは、村田・中川を逃がさなかった。事業責任者として社内に取り込んだ。ここは実質経営者として鋭いところだ。思うに、守安・村田・中川の3名は永久にネットビジネスの世界から追放されるべき人物ではないのか。(2017/03/15)

>村田氏、中川氏の2人の事業のリーダーは、一所懸命、誠心誠意、事業に打ち込んでおりましたし、このような事態になった後も、誠実に第三者委員会の調査にも協力してくれた。何か悪徳なことを企んでいるような2人ではございません

悪意が無いのならば、不正は罪に問わないとかビジネスマンとして、会社としてどうなんでしょうか……未だに村田氏が懲戒解雇になっていないのも信じられない思いですし、異常な会社です。まず、間違いなく反省していない。(2017/03/15)

記事が本当だとすれば、一部上場企業のガバナンスとは到底思えず、投資家を愚弄していると言っても過言でない。村田氏・中川氏はもとより、守安氏は直ちに引責辞任が妥当です。(2017/03/15)

普通考えたら、社長は首だろうな
まあ、コンプラがある会社ならだけど。(2017/03/15)

結局のところ、守安に代表取締役社長の器はなかっただけの話ですね。それにしても、守安が村田を優遇している姿は、愛人と疑われても仕方ないほどですね。実際にそうなら、解任されるべきですが。(2017/03/15)

「(村田氏、中川氏の)2人の事業のリーダーは、一所懸命、誠心誠意、事業に打ち込んでおりましたし、このような事態になった後も、誠実に第三者委員会の調査にも協力してくれた。何か悪徳なことを企んでいるような2人ではございません」
慈悲??上記の様なボケをかましている限り、DeNAは復活できない。
明らかに、”権利”などという言葉を理解できず信念も気概もないなんちゃってリーダーと、それを見て見ぬ振りをしたなんちゃってマネージャーの合作の結果であろう。(2017/03/15)

DeNAの経営者は、法律や規制をポジティブリストと考えて行動しているのでしょう。法律に反しない限り何でもやる。これはバスケットボール系の戦術となるはず、それは反則をしてもペナルティーを払えば済む。成果がペナルティーよりも大きければペナルティーを払ってでも反則するべき。DeNAの読み違いは、ペナルティーの影響がが成果よりも大きかったこと。「会長が代表取締役に復帰します」というのは、責任者が責任とって席が空くので、席替えするだけでしょ?
多分DeNAはこれからも同じようなことを行い続けるでしょう。彼らに道徳、良心とか公序良俗という概念はないと思える。リスクと成果を天秤に掛けるだけ。法令遵守なんて当たり前のことができないのは、法令の精神を遵守する精神がないから。(2017/03/15)

DeNAはゲームで稼いでいたときも、利用者の射幸心を追って金をどんどん使わせて成長した企業ですから、こうなることは必然。まとめサイトとしてフェイクニュースまとめでもやればこの会社には似合っているのだが。(2017/03/15)

村田氏や中川氏の人間としてのだらしなさがこの様な事態を招いた根源だと思えた。結局、企業というのは人なのだと強く感じる。(2017/03/15)

記事はMERYが法務の違法性最小化のための指示を守らなかったために著作権侵害の度合いが増したというDeNA第三者委員会の主張をそのまま受け取り、ペロリ社の非を問うているように見えました。
しかし、記事を盗用された側からすれば、
* 盗用は許容しつつ著作権侵害に問われづらくするよう脱法的なやり方をする法務
* 盗用しつつも相手先のサイトに負荷をかけてしまうのを回避しようとする現場
という構図でしかないわけで、「法務の言うことを聞いて直リンク」にしておけばよかったのにと言うような脱法をよしとする内容を流してしまうのは報道としていかがなものでしょう。
結局DeNAは法務も脱法することしか考えていないんだなという批判こそが正しいのではないですか。(2017/03/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官