• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東芝メディカル売却に、富士フイルムが「待った」

「なぜキヤノンなのか」、室町正志社長に質問状送付

2016年3月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「なぜ、キヤノンに独占交渉権を付与するという決定になったのかをご教示いただきたい。回答期限は3月17日午後3時」。

富士フイルムホールディングスの古森重隆・会長兼CEO(最高経営責任者、写真=的野弘路)

 富士フイルムホールディングスは3月16日、東芝メディカルシステムズの売却に関し、東芝の室町正志社長宛に質問状を送付した。売却手続きに疑問があると訴え、キヤノンと最終合意を結ぶ前に回答するよう求めている。

 東芝は3月9日、キヤノンに対して東芝メディカル売却にかかわる独占交渉権を付与し、3月18日までに最終合意を目指すと発表した。これに先だって行われた入札で、キヤノンは富士フイルムや外資系ファンドなどを退け独占交渉権を獲得した。東芝は「企業価値評価額や手続きの確実性等の観点から総合的に評価」(プレスリリース)したという。

株式売却益の計上タイミングは?

 東芝は2016年3月期に7100億円の最終赤字に陥り、期末の自己資本比率は2.6%まで落ち込む見込み。3月末までに東芝メディカルの売却益を計上できれば、債務超過に陥るリスクが遠のく。

 富士フイルムが疑問視しているのは、この売却益計上のタイミングである。質問状では、「(キヤノンによる東芝メディカルの)株式取得手続きが本年3月までに完了し、2016年3月期決算で売却益計上が可能とは考え難い」と指摘している。

 背景には、独占禁止法の規定がある。国内売上高が200億円を超える企業が同50億円超の企業を買収する場合、公正取引委員会に届け出る義務がある。そして、公正取引委員会が届出を受理した日から30日間は、禁止期間として株式を取得できない。キヤノンによる東芝メディカルの買収はこの規定に該当するとし、「3月9日時点で、3月末までに株式の取得が完了することを前提とすることに疑問がある」(質問状より)とした。

コメント1

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「東芝メディカル売却に、富士フイルムが「待った」」の著者

小笠原 啓

小笠原 啓(おがさわら・さとし)

日経ビジネス記者

早稲田大学政治経済学部卒業後、1998年に日経BP社入社。「日経ネットナビ」「日経ビジネス」「日経コンピュータ」の各編集部を経て、2014年9月から現職。製造業を軸に取材活動中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長