• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

ニュースを斬る たばこ議連が反発、混迷する受動喫煙防止対策

とても参考になった
 

51%

まあ参考になった
 

22%

参考にならなかった
 

25%

ぜひ読むべき
 

54%

読んだほうがよい
 

20%

どちらでもよい
 

25%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

病院や学校で禁止は当たり前でしょう。何をいまさら、医師から見ても不思議です。

そして、長年の疑問。

どうしてわざわざ飲食店で煙草を吸わなきゃならないんですか?かなり迷惑してますよ?

今更データが不足って・・・どれだけ都合の良いものだけを見ているのですか?前向きコホートも大規模スタディもいくらでもありますよ?政府統計を信じられないって・・じゃあメーカーが出す利益相反COIに反したデータを信じろと?

自動車排ガスのほうが危険?この数十年でいったいどれだけ努力していると思ってるんだ。ディーゼル排ガスのマスキー法に始まりポスト新長期規制の次まで、自動車NOxPM法、ガソリン車の進化・・・

いい加減、腹を括りましょう。「ならぬことはならぬものです」(2017/03/27)

私は喘息持ちでたばこを吸われるのが非常に嫌いだが、分煙さえしてくれれば喫煙しても良いという考えを持っています。私の友人たちが私の体調を考えてくれ、外で吸ったり、我慢してくれるような人たちだったからです。

喫煙家がここまで嫌われるようになったのは、結局独りよがりな行動を繰り返すからだと思います。ルールを守り、たばこを吸わない人の迷惑さえ考えていれば、まだ味方をしてくれるような人たちも多かったと思います。

嫌煙家の意見は過剰です。気持ちは分かりますが。喫煙家の意見が独りよがりすぎて、禁煙になっていくのはしょうがない流れでしょう。

とりあえず嫌煙家がヨーロッパを出してくるのは逆効果です。(2017/03/27)

毎回同じことがくりかえされてますね。
タバコを吸う人は、どうしてこうも自己中心的なのでしょうか。
そんなに自分が吐き出した煙を他人に吸わせたいのでしょうか。
別に絶対に禁止なんて言ってないのですが。
屋内では他の人の迷惑になるから、外で人の迷惑にならないところで吸ってくれと行ってるだけですよ。
タバコの煙が嫌で行きたくない店もたくさんあります。
8割がタバコ吸わないんでしょ?
2割のひとのためになぜ我慢しなきゃならないの?

それとタバコを吸う人は、WHOの勧告や条約をきちんと読んでから発言してね。
とてもじゃないけど、タバコなんて吸う気にならないから。
感情的に吸わせろ!!・・と言ったって誰も聞いてくれないよ。
孤立するだけ。(2017/03/22)

▼ ちょっとコメントを見ただけでも、『喫煙室の壁を毎日舐めて(ヤニの害を)確かめてほしい』だの、タバコとアヘンや危険ドラッグと同列に語るだの、本当に酷いコメントが並びますね。まさしく『これはもう理屈ではなく嫌悪の感情なので、説得は通用しません』なのでしょう。▼ 逆の立場で考えたことあるのでしょうか? 説得しても無駄なら、もう無関心か、憎しみ合うしかない。人は何を言っても無駄と感じると、じゃあ好きにやらせてもらうよと開き直るものです。▼ ならば喫煙者は、灰皿のある場所で堂々と吸えば良い。飲食店で周りが吸わない人だらけだろうと、そこに灰皿があれば吸いましょう。どれだけ配慮しても無駄なら、もう配慮なんか必要ありません。顔を顰めてくる人は、どうせ何も言ってこないので無視しましょう。喫煙可でも何処でも吸って良い訳じゃないと言われたら、そんな貴方だけに都合の良い、明文化されていない解釈は受け入れられない、嫌ならどっか行けと言い、あとは放っておきましょう。……となりますけど良いのですか? ▼ 歩きタバコなどのルール違反はいけません。嫌煙者に絶好のネタを提供するだけです。しかし喫煙者もルールを守り、周りに配慮する人が大半です。嫌煙者は我慢の積み重ねが耐えられなくなったと言っておりますが、喫煙者も今、我慢が積み重さなっているところなのです。▼ 自分に好ましいことは現状維持か緩やかな変化を求めるのに、自分に好ましくないことは急激な変化、更には悪の権化は根絶やしにしてしまえ的な発言では、喫煙者の共感は得られません。共感なぞいらない潰せと言うのであれば、そりゃこちらも粛々と潰される訳にはいきませんよ。(2017/03/22)

一部喫煙者の喫煙の害を認めない姿勢に唖然とする。
今更、肺癌リスクを研究しろとは、何十年遅れてるのだろうか…。

ちょっと調べるだけで、例えば以下の国立がんセンターの発表などが見つかるが。

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/263.html
http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20160831.html
「男性のがん全体の29%、女性のがん全体の3%はたばこが原因」
「肺がんの死亡のうち、男性で70%、女性で20%は喫煙が原因」
「受動喫煙により肺癌リスクは約1.3倍上昇する」

当然、国外でも多くの研究がされていて、喫煙の直接的害は誰も否定しない事実だし、受動喫煙も害が確実との認識だ。

でも、こういう資料を出した所で、強硬な喫煙者は決して認めようとしないのよね。
「禁煙派の急先鋒の研究なんか信用できない」とか言ったりする。
実際は害を認識していても、今更認めたくないという心理が働くんでしょう。
一方、喫煙に害が無いとの説には、根拠薄弱でも飛びついたりする。現実を直視できないんです。

「喫煙派を説得出来るデータ」とは言うけれど、説得される気が無いんだから話にならない。
結局、禁煙派の数で押し込むという、民主主義というよりファシズムじみた方法にならざるを得なくなる。

今回の議連のように、強行に喫煙の権利を振りかざすと、そのぶん反発も強力になるんです。
まずは喫煙と受動喫煙の害を、科学的に証明済みとして認め、そのうえで、今後喫煙を継続するためにどのような環境を整備し、後の世代に喫煙の悪癖(悪癖と認めることが大切)を残さないようにするか。
喫煙者、販売者(JT)、収税自治体及び代弁者(議連)が率先して、多くの人が納得できる妥協点を探るべきです。

例えばタールによる害のない電子タバコを積極的に推進する等、商機すらあるんですから工夫してもらわねば。
今の機会を逃すと、電子タバコすら禁止になる未来が待って居ると思います…。(2017/03/22)

健康被害云々はともかく、煙が臭いんですよ。

自分の嗜好のために周りが迷惑していることを認識できているのでしょうか。(2017/03/22)

「WHOは、14年末に日本の対応を「世界で最低レベル」と酷評した。」

その通りです。

数年前、欧人を日本に連れて行ったときに「日本はまだ屋内で喫煙をするのか?!」と唖然とされてしまいました。分煙も問題外です。

世界最低レベルから脱する日が来るのか?(2017/03/21)

科学的な検証は十分なのだろうか?
受動喫煙は本当に害があるのだろうか。
1日にどのくらいの濃度、量を吸い込んだら何年後に
健康被害を受けるのか。

好きか嫌いかだけの、子供の喧嘩みたいにはならないで欲しい。(2017/03/21)

この手の記事でいつも思うのだが、喫煙派を説得出来るデータを禁煙派が示せていないから、
議論にすらならないことだ。

せめて肺がんになる遺伝子を持たない1000人を集めて500人には1日1箱程度の喫煙、
残りの500人には非喫煙で、10年程度追跡調査を行いそれぞれ何人肺がんになったか、
喫煙、非喫煙で差があったか、位のデータがあれば説得出来るのではないだろうか。(2017/03/21)

ヒステリックな嫌煙家の皆様のコメントに呆然としました(笑)

まあ、嫌な人は嫌で結構ですが、2、3割は愛煙家(地方ではもっと)いるのだから、完全に排除しようというのは本当にファシズムとしか言いようがないですね。

原則禁煙でもいいけど、入口に表示すれば喫煙OKというにすればいいでしょう。嫌な人は完全禁煙の店に行き、好きな人は吸える店に行けばいい。住み分ければいいだけ。(2017/03/21)

コメントに対するコメントで申し訳ない。
自動喫煙が無害とのコメントがあるが、受動喫煙とは即ち喫煙室の壁と同義。タバコのヤニで肺の中が真っ黄色になって本来の肺の機能が損なわれる。
それでも無害といわれるなら、喫煙室の壁を毎日舐めて確かめてほしい。
あと、自動車のほうがひどいといわれているが、移動にしろ物流にしろ、自動車がないと今日の社会は成り立たない。また、必要だからこそ排ガス規制が強化され、この20年ほどでもかなり改善されている。一方でタバコの副流煙は全く改善されておらず、またタバコを禁止にしても時代の流れを読まないタバコ議連と一部のたばこ農家以外、だれも困らない。
データを疑うのは結構だが、現実をちゃんと見て、自分にとって都合の悪いデータでも受け入れてほしい。(2017/03/21)

わたしはヘビースモーカーでしたが、キッパリやめて十数年、身体全体が改善されたことを明確に認識したときがありました。それは子供たちと海水浴へ行ったとき、わたし自身が子供の頃のように潜水能力が戻っていたのです。そのとき、タバコをやめて良かったとシミジミ感じました。さらに呼吸疾患が激減しました。タバコは明らかに害があるのです。
ところで「たばこ議連」は議員たちの利権組織にほかなりません。このような議員たちは排除していくべきでしょう。(2017/03/21)

タバコは依存性がある薬物であり、受動喫煙・能動喫煙の有害性は科学的に確立した事実です。そしてこれらの事実を下敷きとしたタバコ規制枠組み条約を我が国は批准している、すなわちタバコは規制の対象であり、規制の実施が法的な義務であるということです。後藤新平は台湾のアヘン中毒者に意見を聞いてからアヘン規制を進めたのでしょうか?危険ドラッグ規制は、危険ドラッグ乱用者や販売者に意見を聞いてから進めたのでしょうか?答えはすべて否です。
タバコ依存症状態にある者、タバコ産業と利害関係にある者を議論から排除するのは当然のことです。その上で科学的事実に基づいて有効な規制を行うべきです。(2017/03/21)

「国民の大半は原則屋内禁煙に賛成していることが多くの調査から示唆されている。」とは、どの調査を指すのでしょうか?「屋内禁煙 賛成」でネット検索すると、日本禁煙学会が3月2日に発表したアンケート調査にしか行き着かない。そしてそのアンケート調査の選択肢が、「例外なき屋内禁煙に賛成か反対」しかない。

つまり、分煙という選択肢がない片手落ちのアンケート調査を指して、現状維持の分煙と「国民の大半」という飛躍した論理を、このコラムでは展開している。

日経ビジネス誌の記事は、感情的に煽るような記事は極力控え、あくまでビジネス観点の記事が多いことで高い評価を得ていると思っていたが、庄子育子氏はネトウヨと同じ高さで論じている。そのことがとても残念。(2017/03/21)

限定的に屋内喫煙を容認する代償としてたばこ税を引き上げたらどうでしょうか。
1箱2000円くらいにすれば喫煙者自体がぐっと減って受動喫煙も減るでしょう。
金持ちしかたばこは吸えなくなりますが、それはそれでいいと思います。
それに未成年者もタバコが買いにくくなりますしね。(2017/03/21)

電子タバコの話がありましたが、、、
欧米では噛みたばこが、かなり嗜まれています。
舌癌、口腔がんがさらに増えるんですねー(2017/03/21)

タバコはトータルでは経済的にデメリットしかないと思っている。目先の税収に囚われているタバコ議連の皆様には次回の選挙で落選いただきたいところ。現在の喫煙者が肺がんになったら、年数千万円といわれるオプジーボを健康保険で処方するのだろうか?喫煙者はどれだけ非喫煙者に迷惑をかければ気が済むのか?まぁ、そんな想像力もないからいまだにタバコなんぞを吸っているのだろうが…(2017/03/21)

受動喫煙は無害である。厚生省からおかしな統計データが出ているが、厚生、医療関係から出るデータは過去の例からも当てにならない!
もし有害なら自動車排ガスのほうがはるかに影響が大であり、この防止対策が先である。   (2017/03/21)

電子タバコによって、嫌煙者と喫煙者の対立も雲散霧消しますとの意見がありましたが、それは幻想です。

嫌煙者が嫌煙であるのは、過去の嫌な思いや我慢の積み重ねの結果、耐えられなくなったからです。
これはもう理屈ではなく嫌悪の感情なので、説得は通用しません。
流行りの言葉で言えば、安全と安心がこんがらかってる状態ですね。
そして、実際の所、安全もまだ証明されてはいません。

結局の所、煙が出ないとはいえ喫煙行為には違いない。ここを勘違いして喫煙権を主張すると、よりいっそう迫害されることでしょう。
(今回の議連のような敵失になりかねない。せっかく煙を排除した所にドヤ顔で侵入されるのですから反発はよりいっそう大きくなります。)

ならばどうするか。

まず、タバコには2種類あるときちんと定義づけします。
燃焼するものと、しないもの。そしてどちらも喫煙であると定義する。
つぎに、燃焼しないタバコについては、分煙による共存を是とする。現状の喫煙と同じ扱いで現状維持ですね。
一方、燃焼するタバコは、公共の場、飲食店等では全面禁止とする。厚労省の当初案のような具合です。

燃焼しないタバコについては、粗悪品や脱法品、脱税を防ぐために基準を設け、認定したもののみ許可するようにし、燃焼するタバコは長期的には全廃を視野に入れる。

嫌煙者側は煙が出ないことをもって妥協し、喫煙者側は煙を出すことを諦める。
双方妥協することで、喫煙したい人と、煙が嫌な人、健康を増進して医療費を抑制したい人、それぞれうまくバランスとれると良いのですが。(2017/03/21)

喫煙者によって年間15,000人が「殺されて」いる。推計とは言え、この現実をタバコ議連は理解できているのでしょうか。
街を歩くと、人混みの中でも平気で喫煙する人も見かけます。喫煙者の自浄作用が期待できない以上、法律で縛るのは止む無しではないでしょうか。(2017/03/21)

まず、地方たばこ税を廃止して国税に一本化することから始めるべき。
地方の税収の目減り分は交付金(できれば健康増進系の)として緩和すれば、とりあえず不満はあまり起きないでしょう。

現状、市町村レベルで数億円(人口10万人あたり5~10億ぐらい)の税収があると思われるので、税収減となる禁煙政策を、地方選出議員が認める訳が無いんですよ。
禁煙vs喫煙の対立軸だけではなく、税源としての意味を考えないと。

一旦国税にしてしまえば、医療費とのバランスを考えて禁煙政策に持って行くのは比較的容易だと思います。

私事ですが、ヘビースモーカーの父が食道癌になりました。もちろん喫煙が原因。
治療費は、高額医療ということで月額数万円、残りは国費。
とんでもない浪費だと思いますよ。
癌だけで無く生活習慣病の要因にもなり、当然治療もしているので、本当にタバコは社会のガンだと思います。

かといって、一概に排除するのはファシズム的で良くないですが、もっとハードル高く、公衆に晒さず、若年層が触れないようにする方法を考えるべきです。
喫煙者は自分の世代で絶滅させる、それぐらいの気概が喫煙者側に求められてるんだと思いますが、喫煙者の皆様、どうでしょうか。(2017/03/21)

日本の喫煙人口は漸く3割を割った位だと思いますが。逆にまだそんなに吸っている人がいるのかと思う位です。なのに喫煙マナーは一向に改善されず足元のゴミと言えばタバコの吸い殻と握りつぶされたタバコの箱ばかり。喫煙禁止の場所での喫煙は日常茶飯。喫煙人口が減っているとしたら今吸っている人の多くはマナーも守れないロクデナシの濃度が上がったクズばかりという事になる。JTの啓発CMの如何に虚しいことか。タバコ議連の様な前時代の遺物があるから未だにタバコ後進国扱いされるのだ。彼らは日本から出たことが無いのか?オフィスやビル内に喫煙所があるだけ日本はマシかもしれない。全てくまなく見たわけでは無いが海外の先進国、それに準じるような国では建物の中の喫煙所は空港の待合室以外見たことがないしホテルにしろレストランにしろ皆外の喫煙所で吸っている。一番驚いたのは日本以上にタバコ後進国だった中国と韓国でさえ今は屋内禁煙禁止になっておりレストラン内で喫煙する姿を見なくなった事だ。既に日本は中韓にも遅れを取っている情けない国にいつのまにか成り下がった。タバコ議連とやらは自分達の好き勝手な行動を正当化するのでは無くどうしたら良い方向に持っていけるかを議論するべきなのに真逆を行っている。それに文句を言うなら厚労省よりWHOの方だろう。そっちをやり込めないと結局同じだと言うことが分からない残念な頭の持ち主の様だ。言い方は悪いが厚労省はWHOの勧告を守っているだけとも言えるからだ。JTも情けないCMを流す金があるのなら街中に水槽のような囲まれた喫煙所を沢山作ればいい。ついでに自販機も置けば儲かるだろうに。そのような発想が無いあたり真面目に考える気がないのだろう。だからJTがオワコンのタバコ会社を一生懸命買収しているとも言える。(2017/03/21)

喫煙者が、自ら健康を損なう行為を進んで行うことに関しては、一万歩譲ってまだ許容できたとしても、フィルターを通さない副流煙などで非喫煙者を巻き込むのはやめて頂きたい。
一万歩譲ったのは、肺や食道癌になると治療が必要になる。言うなれば、喫煙という自傷行為を行った者に、医療という限られたリソースを浪費してほしくない。
癌になるか否かは確率の問題でもあるので「まだ」許容できるのである。
根本は、まず最低屋内での巻き込みを排除すべき。(2017/03/21)

こういう人の WHOがーとか世界ではーとか 本当に意味が分からん なぜ我々はそれに合わせる必要がある?そして合わせたらいいことあるのか 無視したら悪いことが起きるのか? 喫煙で世界中から非難とか、そういう記事書いてるのが欧米も都市部のバカな左翼マスコミばかりだと知ってって言ってるだろ?国連の機関のゆう事なんて聞く方がバカ、勝手に世界政府ごっこしてればいい、あまりにこういうことに反応してゆうことを聞きすぎてるので馬鹿らしくなってきた(2017/03/21)

以前も書いて、載らなかったのだが、、、
もっと禁煙運動を本気ですべきだ。喫煙者を締め出しても、彼らはどこかで吸っている。
喫煙者はニコチン依存症なので、「治療」すべきである。
その対策費が全く不十分だ。(2017/03/21)

国会議員のくせに煙草が止められないとは情けない。
被選挙権に「禁煙」を条件としたら如何か?
先進国は禁煙が当たり前。
禁煙に反発する馬鹿議員は常に異常にタバコの煙が充満した控え室に押し込め議席も異常に煙の充満した特別席を設置して座らせておけば良い。

また選挙公報に禁煙者か喫煙者か公表させるべきだ。(2017/03/21)

個人の家でも、自宅の中で吸わず屋外でタバコを吸っている人は意外と多い。周囲の嫌煙宅にとっては「公害」以外何者でもない。何しろ有毒物質の固まりなのだから、まき散らしている人は公害発生源なわけだ。
嫌煙宅では、さわやかな季節でも窓は開けられず、常に風向きとそこの住人の様子を伺いながらの生活。どれだけ我慢を強いられているのか、タバコ吸っている人にわかるか?
自分の家の中では、奥さんがうるさいから、赤ちゃんがいるから、新築だからとか言ってすえないのかもしれないが、周囲がどれだけ迷惑しているのか考えろといいたい。自分の家族さえよければ、他人にいくら迷惑をかけてもいいのか。その考えはおかしい。
もっと言おう。タバコを吸った後、その口から45分間は有害物質が出続けると何かで読んだ。赤ちゃんのために外で吸っても、家の中で吸っても度合いが違うだけで有害なのだ。
今は3次喫煙も問題になっている。最新の研究をもっと反映させて、法律も考えて欲しい。国会議員も官庁も国家公務員なのだから、みんなの税金で贅沢しているわけだ。もっと国民のために仕事して欲しい。(2017/03/21)

普通の煙草は全面禁止だが、受動喫煙の問題が生じない「電気煙草」なら可能、という対応は全く検討されていないのでしょうか? 電気煙草の中にも、煙草の葉っぱを温めて、煙を出さずにニコチンと香りだけ出すものもありますし、このさい、微量のニコチンの液体を認可して電気煙草として使うということもできそうに思います。

他の人に迷惑が掛からないのみならず、本人の健康にとっても、普通の煙草に比べればはるかにましです。嫌煙者と喫煙者の対立も雲散霧消します。いいことずくめのような気がするんですが。(2017/03/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧