• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

台風の目?KFC「ちょい飲み」対応の二毛作店

新業態オープン、アルコール強化へ静かに始動

  • 河野紀子

バックナンバー

2016年4月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

4月にリニューアルオープンした「ケンタッキーフライドチキン」高田馬場店の外観は、従来の店よりも赤くない。日中はカフェ、夜はバルの顔を持つ

 ファストフード大手の「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」を運営する日本ケンタッキー・フライド・チキンは、4月1日、「KFC高田馬場店」をリニューアルオープンした。

 同店は、「オリジナルチキン」や「チキンフィレサンド」といった定番のメニューを揃えているのに加え、昼間はカフェ、夜はバルの顔を持つ。店舗デザインは、赤色を基調とした従来スタイルではなく、20~30代の女性をメインターゲットに、カフェダイニング風に改装した。

入口に対して、オーダーするレジカウンターが斜めに配置されている。圧迫感を感じないような作りになるよう工夫した(写真上)。
店内には、コンセントを使える席がある。大きな中央テーブルは夜にグループで利用することも想定している(中)。
天井にはチョークで書いたようなデザインが施されている。「Mr.K」として書かれているのは、日本ケンタッキー・フライド・チキンの近藤正樹社長の似顔絵だ

 提供するメニューは、朝(午前7~10時)、昼(午後10時から午後5時)、夜(午後5時以降)と時間帯によって異なる。

 昼の時間帯は、産地にこだわったコーヒーや紅茶のほか、複数種類のケーキが食べられる。

 特徴的なのは夜のメニューだ。チキンを使ったサラダプレート(780円、税込み、以下同)やポテト付きのオリジナルチキン(300円)、「まるごとトマトのタプナードソース バケット付き」(750円)など、アルコールに合うメニューを新たに開発した。

メニュー例。「チキン・コルドン・ブルーラタトゥイユ添え」(写真上、680円、税込み)は、国産のチキンを使った煮込み料理。KFCの契約農家の野菜を使った「ごちそうアンチョビキャベツ」(中、580円)は味がよく染みていて食べごたえがある。オリジナルのハイボール「カーネルハイ」は、専用のサーバーから提供される(下、460円)

 アルコールは生ビールだけでなく、「常陸野ネストビール」(600円)、「コナビール」(650円)といったクラフトビールのほか、カクテルやサワー、ワインもある。中でもサントリー酒類と開発したオリジナルのハイボール「カーネルハイ」(460円)は、ベースとなるハイボールの配合比率、独自ブレンドのスパイスなどによる工夫で、オリジナルチキンとの相性の良いアルコールを目指したという。

 想定客単価について同社は明らかにしていないが、売上高は改装前に対して25%増と予想している。

コメント2件コメント/レビュー

昨日、高田馬場店に偶然にもお邪魔してきました。
雰囲気もメニューの内容も悪くないですね。
カフェ&BARのお手本のような作りで入りやすいのも評価できます。
コストパフォーマンスやお酒の提供のノウハウなどは、2階のバリバリ鶏に一日の長がありますかね(個人的な感想です)
お酒はビールも各種取り揃えているのですが、普通のビールがモルツ(ザ・モルツは美味しくないと思う・・・個人的な感想です)だったので、ハートランドを頼みました。
メニュー構成やアルバイトの練度を考慮すると、恐らくこの簡易型の店舗展開を狙っているのでしょうが、ビールの品数を絞るならプレモルにしておいた方が無難です。
個人的なブログのようなコメントで失礼いたしました。(2016/04/04 11:13)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昨日、高田馬場店に偶然にもお邪魔してきました。
雰囲気もメニューの内容も悪くないですね。
カフェ&BARのお手本のような作りで入りやすいのも評価できます。
コストパフォーマンスやお酒の提供のノウハウなどは、2階のバリバリ鶏に一日の長がありますかね(個人的な感想です)
お酒はビールも各種取り揃えているのですが、普通のビールがモルツ(ザ・モルツは美味しくないと思う・・・個人的な感想です)だったので、ハートランドを頼みました。
メニュー構成やアルバイトの練度を考慮すると、恐らくこの簡易型の店舗展開を狙っているのでしょうが、ビールの品数を絞るならプレモルにしておいた方が無難です。
個人的なブログのようなコメントで失礼いたしました。(2016/04/04 11:13)

50代サラリーマン。行って見たくもあるが、高いなあ。
280円の枝豆と中身190円のホッピーで慣れた身には、1000円近いつまみを、特別なプレミアム感もないファストフードで食べるのは、割に合わない。納得できない。
結局、何と競合するかなのだろう。吉呑みが、チェーン居酒屋との競合を十分意識した営業で伸ばした一方で、マクドナルドは本業ですら、「セットメニューの金額を払うなら旨いラーメン店に行く」という競合で瀕死状態。
なんかバーガーショップの経営陣って、子供相手のユルい商売で楽してきたせいで、シビアな計算をする訓練ができていないような気がするよ。(2016/04/04 08:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長